薬剤師 刺激性下剤

刺激性下剤


このエントリーをはてなブックマークに追加  

刺激性下剤は、腸を刺激し、腸の運動を促進させることで排便を促すお薬です。
刺激性下剤で代表的なものは、センノシド(プルゼニド)です。

 

このお薬は、大腸で腸内細菌によって分解され、レインアンスロンという物質になります。

 

レインアンスロンは大腸を刺激し、蠕動運動(食物や便を肛門側へ運ぶ働き)を
促進することで排便を促します。

 

センノシドなどの大腸刺激性下剤は、人によっては効き目がよく好まれる傾向にありますが、
長期間服用すると腸が刺激に慣れてしまい使用量が増えてしまうことがあります。

 

自己判断で長期間服用することは避け、
なるべく薬に頼らない生活習慣や食生活を改善することが重要です。

 

けいれん性便秘の患者さんでは、センノシドの蠕動運動亢進作用によって
腹痛を悪化させる恐れがありますので、通常使用できません。

 

 

○けいれん性便秘…大腸の収縮が強くなりすぎてしまい、腹痛を伴ったり、
便意をもよおしてトイレに行っても排便できなかったり、便の量が少なかったりする症状です。

 

副作用で重大な症状は報告されていませんが、代表的な症状として腹痛、
腹鳴、悪心・嘔吐などが報告されています。

 

スポンサーリンク

 

また、相互作用についても報告されていません。

 

このお薬を服用すると、尿が黄褐色〜赤色に変色することがありますが、健康には問題ありません。

 

通常、服用後約8〜10時間後に効果が現れるので、就寝前に服用することで翌朝の排便を促します。

 

センノシドは一般医薬品にも含まれている成分です。

 

一般医薬品の下剤を長期間連用している患者さんは、体が薬に慣れてしまったり、
習慣性に注意が必要です。

 

薬に頼り過ぎず必要に応じて排便習慣を見直す必要があります。

 

 

その他の特徴ある薬剤についは、ピコスルファートナトリウム水和物(ラキソベロン)というお薬があります。

 

このお薬は、センノジド同様に大腸を刺激し、排便を促す刺激性の下剤です。
センノシドと比べると腹痛などの副作用発現頻度は少ないと考えられています。

 

ラキソベロンには錠剤と液剤があります。

 

錠剤は、通常成人で1日1回2〜3錠、液剤は、
通常成人で1日1回10〜15滴をコップ半分〜1杯の水に薄めて服用します。

 

液剤は、1滴単位で薬の量を調整できるという特徴があります。

 

ただし、注意しなければならないのが液剤の包装と点眼薬(目薬)の包装と似ているため、
まれに点眼してしまう人がいるので注意が必要です。

 

特に高齢者の場合、間違えやすいので目印をつけるなどの工夫も必要でしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加