薬剤師 塩類下剤

塩類下剤


このエントリーをはてなブックマークに追加  

塩類下剤は、便を軟らかくすることで排便を促すお薬です。
代表的なお薬は、酸化マグネシウム(酸化マグネシウム)です。

 

便秘は、腸の蠕動運動(食物や便を肛門側へ運ぶ働き)の低下や、
食物繊維の摂取不足などが原因で起こります。

 

大腸は水分を吸収働きがあるため、蠕動運動(食物や便を肛門側へ運ぶ働き)が低下すると、
便が溜まりやすくなるだけではなく、便中の水分が体内に吸収されやすくなり便が硬くなってしまいます。

 

また、食物繊維の摂取量が減ると、便のかさが減るため、腸への刺激が減り便秘になりやすくなります。

 

酸化マグネシウムは体内の水分を腸管内へ引き寄せる作用があります。

 

水分を引き寄せることで便を軟らかくするとともに、
水分で便を増大させ腸を刺激して排便を促します。

 

 

酸化マグネシウムは、体内に吸収されにくいお薬ですが、わずかに吸収されたお薬は腎臓から排泄されます。

 

腎機能が低下した方などでは、まれに体内マグネシウム量が増え、
悪心・嘔吐、口の渇き、血圧低下、徐脈、皮膚潮紅、筋力低下、
傾眠などの副作用が現れることがありますのでご注意下さい。

 

副作用で重大な症状は、高マグネシウム血症です。

 

スポンサーリンク

 

代表的な症状としては、下痢、血清マグネシウム値の上昇があります。

 

相互作用については、併用できない薬はありません。

 

ただし、次の様なお薬を使う際は注意が必要です。

 

・一部の抗生剤(テトラサイクリン系、ニューキノロン系、セフジニル、アジスロマイシン水和物)
 骨粗鬆症の薬(エチドロン酸ニナトリウム、リセドロン酸ナトリウム水和物など)
 鉄剤、ミコフェノール酸、モフェチル、デラビルジメシル酸塩、ザルシタビン、ペニシラミン、
セレコキシブ、ロスバスタチンカルシウム、ラベプラゾールナトリウム、ガバペンチン、ポリカルボフィルカルシウム、
高カリウム血症改善イオン交換樹脂製剤、ジギタリス製剤、フェキソフェナジン塩酸塩と
併用するとこれらの薬の効果が減弱する恐れがあります。

 

 

・ミソプロストールとの併用で下痢、活性型ビタミンD3製剤との併用で
高マグネシウム血症が現れやすくなる恐れがあります。

 

酸化マグネシウムは水に溶けにくい性質を持っているので、口の中に残るとザラザラすることがあります。

 

入歯などを使用している人は、入歯の間に酸化マグネシウムがつまり、
痛みを感じたり、不快感を伴うこともあります。必要であればオブラートなどを使うことをお勧めします。

 

また、酸化マグネシウム製剤は、粉の他に錠剤がありますので、
錠剤に変更しても良いでしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加