薬剤師 胃腸機能調整役薬

胃腸機能調整役薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

胃腸機能調整薬は、消化管運動を改善し、食欲不振、腹部膨満感、
胸やけなどを改善するお薬です。

 

代表的なお薬は、ドンペリドン(ナウゼリン)です。このお薬は、胃・十二指腸に作用します。

 

延髄にある化学受容器引き金帯(CTZ:chemoreceptor trigger zone)に作用して吐気を抑えます。

 

まれに抗ドパミン作用による錐体外路症状(首が後ろに反り返る、眼球が上または横を向く、
腕が突っ張るなど)が現れることがあります。

 

血液―脳関門を通過しにくい性質を持った薬剤ですが、血液―脳関門が未発達な乳幼児では、
投与量に注意が必要です。

 

服用する際は、自己判断で増量したりせず、必ず医師に指示された通りに服用するよう指導しましょう。

 

 

また、乳汁分泌(出産をしていないのに母乳が出る)、女性化乳房(男性なのに胸が膨らむ、
しこりができる、痛む)などの症状がまれに起こることがあり
ます。症状が出た場合は、医師に相談するようにして下さい。

 

眠気、めまい、ふらつきが現れることがありますので、
自動車の運転や危険を伴う機械の操作などを行う際は十分注意しましょう。

 

 

副作用で重大な症状は、ショック、アナフィラキシー様症状、錐体外路症状、
意識障害、痙攣、肝機能障害、黄疸です。

 

 

代表的な症状は、下痢、便秘、胸やけ、嘔吐、乳汁分泌などがあります。

 

重大、代表的な症状に限らず、服用後に体調変化が見られた場合は、
必ず医師または薬剤師に相談するようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

相互作用として次のようなことがあります。

 

・抗精神病薬(プロクロルペラジンマレイン酸塩、クロルプロマジン塩酸塩、ハロペリドール、レセルピンなど)と
併用すると内分泌機能調節異常や錐体外路症状といった副作用が現れやすくなる恐れがあります。

 

・強心薬のジギタリス製剤と併用すると、ドンペリドンがジギタリス製剤の使用限度量の
目安となる吐気を抑えてしまうことがあります。

 

・抗コリン剤(ブチルスコポラミン臭化物、チキジウム臭化物、メチピジウム臭化物水和物など)、
H2受容体拮抗薬(シメチジン、ラニチジン塩酸塩など)やプロトンポンプ
阻害薬(オメプラゾールなど)と併用するとドンペリドンの作用が減弱する恐れがあります。

 

レボドバ製剤服用時の吐気に対しても適応があり、血液―脳関門を通過しにくい性質を利用し、
パーキソン病の患者さんに使用されることもあります。

 

ナウゼリンの剤形によって効果発現時間に違いがあり、飲み薬は薬30分で効果発現が期待できますが、
坐薬の場合、飲み薬と比較してゆっくりと体内へ入っていくため、効果発現に約1時間かかります。

 

嘔吐の症状がある時は坐薬が使いやすくお勧めですが、すぐに効くわけではないので注意が必要です。





このエントリーをはてなブックマークに追加