薬剤師 プロトンポンプ阻害薬(消化性潰瘍治療薬/制酸薬A)

プロトンポンプ阻害薬(消化性潰瘍治療薬/制酸薬A)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

プロトンポンプ阻害薬は胃酸の分泌を最も強力に抑えるお薬です。

 

プロトンポンプ阻害薬で代表的なものは、ランソプラゾール(タケプロン)です。

 

このお薬は、胃酸分泌過程の最終段階で働いているプロトンポンプを
阻害することで胃酸の分泌を抑えます。

 

胃酸分泌過程の、より前の段階に働くH2受容体拮抗薬よりも強力に胃酸を抑えます。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療にも使われています。

 

このお薬は、胃酸分泌抑制作用が強いため、潰瘍の症状は比較的早く消失しますが、
潰瘍などの疾患そのもが治癒しているとは限りません。

 

また、治癒したとしても再発する可能性がありますので、
医師の指示に従い一定期間服用することが重要です。

 

副作用で重大な症状は、アナフィラキシー反応、ショック、汎血球減少、無顆粒球症、
溶血性貧血、顆粒球減少、血小板減少、貧血、重篤な肝機能障害、中毒性表皮壊死症、
皮膚粘膜眼症候群、間質性肺炎、間質性腎炎です。

 

スポンサーリンク

 

また、代表的な副作用で肝機能検査値の上昇、便秘、下痢、
頭痛などの症状が現れる場合がありますので、ご注意下さい。

 

相互作用としては、ランソプラゾールの胃酸分泌抑制作用により、アタザナビル硫酸塩の溶解性が低下し、
アタザナビルの効き目が弱くなるおそれがあるため、併用はできません。

 

その他に注意しなければならない薬剤は次の通りです。

 

・テオフィリン、イトラコナゾール、ゲフィチニブ…これらの薬剤を併用すると、薬剤の効果が減弱するおそれがあります。
・タクロリムス水和物、強心薬(ジゴキシン、メチルジゴキシン)、フェニトイン、ジアゼパム…これらの薬剤を併用すると、
薬剤の効果が増強するおそれがあります。

 

ワンポイントとして、OD錠(口の中ですぐに溶け、水なしで服用可能な薬剤)は、
唾液に溶けるため、下の上で軽く押しつぶすようにして唾液と一緒に飲み込むよう説明して下さい。

 

その際、中に含まれている腸溶性の粒を噛んでしまうと効果が低下するため、噛まないよう注意して下さい。

 

 

また、通常の錠剤同様、水で飲むこともできます。
ヘリコバクターやピロリの除菌療法では抗生物質と併用されます。

 

<ヘリコバクター・ピロリ除菌療法(一次除菌)におけるプロトンポンプ阻害薬の使用法>
@ランソプラゾール60r(プロトンポンプ阻害薬)
 アモキシシリン1500r(抗生物質)
 クラリスロマイシン400rまたは800r(抗生物質)

 

Aオメプラゾール40r(プロトンポンプ阻害薬)
 アモキシシリン1500r(抗生物質)
 クラリスロマイシン400rまたは800r(抗生物質)

 

Bラベプラゾールナトリウム20r(プロトンポンプ阻害薬)
 アモキシシリン1500r(抗生物質)
 クラリスロマイシン400rまたは800r(抗生物質)

 

プロトンポンプ阻害薬によって胃酸を抑えることにより、併用されるアモキシシリン、
クラリスロマイシンの抗菌活性を高めます。

 

一次除菌で効果が見られな場合は、クラリスロマイシンの代わりにメトロニダゾール(1日量500r)を
用いて二次除菌を行うこともあります。

 

その他の特徴ある薬剤の指導ポイントとしては、ラベプラゾールナトリウム(パリエット錠)、
オメプラゾール(オメプラール錠など)は、腸で溶けるよう工夫されたお薬です。

 

噛んでしまうと有効成分が胃酸によって分解されてしまうため、効果が低下してしまいます。
服用する際は、噛まないよう注意して下さい。





このエントリーをはてなブックマークに追加