薬剤師 H2受容体拮抗薬(消化性潰瘍治療薬/制酸薬@)

H2受容体拮抗薬(消化性潰瘍治療薬/制酸薬@)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

H2受容体拮抗薬は胃酸の分泌を強力に抑えるお薬です。

 

このお薬で代表的なものはファモチジン(ガスター)と言います。

 

胃粘膜壁細胞のヒスタミンH2受容体にヒスタミンが作用すると、
胃酸やペプシンの分泌が促進されます。

 

ファモチジンは、ヒスタミンがヒスタミンH2受容体に作用するのを阻害し、
胃酸やペプシンの分泌を抑えます。

 

ファモチジンは主に腎臓から排泄されるため、腎機能が低下している患者さんは排泄が低下するので、
服用量の調節や服用間隔をあける必要があります。

 

このお薬で見られる副作用で重大な症状は、ショック、アナフィラキシー様症状、汎血球減少、
無顆粒球症、再生不良性貧血、溶血性貧血、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、
肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症、QT延長、意識障害、痙攣、間質性腎炎、急性腎不全、
間質性肺炎、心室頻拍・心室細動(注射薬のみ)です。

 

代表的な副作用は、便秘、肝機能検査値の上昇、白血球減少などです。

 

スポンサーリンク

 

また、ファモチジンの類薬を使用した場合に不全収縮の症状が現れる場合があると報告があります。

 

相互作用については、併用できない薬はありません。

 

但し、イトラコナゾールカプセルは、胃酸が少なくなると吸収が低下するため、
ファモチジンと併用すると作用が減弱するおそれがありますのでご注意下さい。

 

このお薬は、胃酸分泌抑制作用が強いため、潰瘍の症状は比較的早くなくなりますが、
潰瘍などの疾患そのものが治癒しているとは限りません。

 

 

また、治癒したとしても再発のおそれがあるので、
医師の指示に従い一定期間服用することが大切です。

 

胃酸分泌は、夜間の就寝中に高まります。

 

夕食後または就寝前の服用を忘れないよう注意しましょう。

 

胃酸分泌は、ヒスタミン、ガストリン、アセチルコリンが胃の壁細胞に作用することで促進されます。

 

H2受容体拮抗薬は、ヒスタミンのみを阻害するのに対し、プロトンポンプ阻害薬は、
胃酸分泌の最終過程であるプロトンポンプを阻害します。





このエントリーをはてなブックマークに追加