薬剤師 抗不整脈薬

抗不整脈薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

通常、心臓を規則的に動かすには心筋への刺激伝導が規則正しく伝わらなければなりません。

 

不整脈は異常は刺激の発生などにより刺激伝導が規則正しく行われなくなり、
頻脈になります。

 

メキシレチン(メキシチール)は、心臓の筋肉の細胞のナトリウムイオンチャンネルを抑えることで
心臓の筋肉の異常な刺激伝導を抑制し、不整脈を改善します。

 

また、痛み刺激による神経の興奮を抑え、糖尿病性神経障害に伴う痛みやしびれを改善します。

 

このお薬を服用すると、頭がボーっとしたり、めまい、しびれなどの精神神経系症状が現れ、
症状が悪化してきている場合はすぐに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

また、上記の症状から、自動車の運転や危険の伴う機械の操作などを行う際は十分注意して下さい

 

副作用として重大な症状は、中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症、
過敏症症候群、心室頻拍、腎不全、幻覚、錯乱、肝機能障害、黄疸、間質性肺炎、好酸球性肺炎
(類薬では心停止、心室細動、失神、洞房ブロック、房室ブロック、徐脈が報告されています)です。

 

・間質性肺炎………肺の間質組織を主座とした炎症。
痰を伴わない乾いた咳から発症し、呼吸困難が進行する。

 

・好酸球性肺炎……アレルギー関連の細胞である好酸球が引き起こす肺炎。

 

スポンサーリンク

 

次の様な症状が現れた場合は、服用を中止して下さい。掻痒感、全身発疹発熱、じんましん、
紅斑、多形(滲出性)赤斑、その他の副作用で報告されているものは、嘔気、腹痛、食欲不振、消化不良、嘔吐です。

 

 

また、喫煙するとメキシチールの代謝に影響を与える恐れがありますので、控えるようにして下さい。

 

相互作用については、次の様な現象が起こる可能性がありますのでご注意下さい。

 

○メキシレチンの作用増強  :リドカイン、プロカインアミド塩酸塩、キニジン硫酸塩水和物、アプリンジン塩酸塩、
カルシウム拮抗薬、β受容体遮断薬
○Torsades de pointesを発現 :アミオダロン塩酸塩
○メキシレンの吸収が遅延  :胃排出能を抑制する薬剤(モルヒネなど)
○メキシレンの血中濃度に
影響がある恐れのあるもの:肝薬物代謝酵素機能(特にチトクロームP-450系のCYP1A2および2D6)に影響を与える薬剤
○メキシレンの濃度を上昇  :尿のpHをアルカリ化させる薬剤(炭酸水素ナトリウムなど)
○メキシレンの濃度を減少  :尿のpHを酸性化させる薬剤(塩化アンモニウムなど)
○メキシレンの血中濃度が上昇:シメチジン
○メキシレンの血中濃度が低下:リファンピシン、フェニトイン
○その他          :テオフィリンと併用するとテオフィリンの濃度を上昇させるとの報告があります。





このエントリーをはてなブックマークに追加