薬剤師 アンジオテンシンU受容体拮抗薬

アンジオテンシンU受容体拮抗薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

アンジオテンシンがアンジオテンシンU受容体を刺激することで血管は収縮し、
血圧が上昇します。

 

代表薬カンデサルタン シレキセチル(ブロプレス)は、アンジオテンシンU
(AT1)受容体に結合し、アンジオテンシンの作用を阻害し、高血圧を改善します。

 

また、心筋の線維化を抑えたり、心臓肥大を抑える心保護作用と腎臓の
輸出細動脈を拡張し、糸球体内圧を低下させてタンパク尿を減らす腎保護作用があります。

 

このお薬は、妊娠および妊娠の可能性のある女性は服用できません。

 

降圧作用により、めまい、ふらつきが現れることがあります。

 

高所作業や自動車の運転、危険の伴う機械の操作などを行う時は、十分に注意して下さい。

 

副作用で重大な症状は、血管浮腫、ショック、失神、意識消失、急性腎不全、高カリウム血症、
肝機能障害、黄疸、無顆粒球症、横紋筋融解症、間質性肺炎、低血糖です。

 

また、発疹、湿疹、じんましん、掻痒、光線過敏症の症状が現れた場合は、
すぐに服薬を中止して下さい。

 

 

めまい、ふらつき、立ちくらみを感じた時は、薬の減量、休薬が必要なので、
医師や薬剤師に必ず相談するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

相互作用として次のようなことが報告されています。

 

○血清カリウム値の増強:カリウム保持性利尿剤(スピロノラクトン、トリアムテレンなど)、エプレレノン
○降圧作用の増強   :利尿薬(フロセミド、トリクロメチアドなど)
○リチウム中毒    :炭酸リチウム
○降圧作用の減弱   :非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)、COX-2選択的阻害剤(インドメタシンなど)

 

 

このお薬のポイントは、臓器保護作用を考慮して心、腎、脳の合併症がある場合や、
糖尿病である場合に第一選択として使われます。

 

また、少量の利尿薬との併用は効果を高め、副作用を軽減することが報告されています。

 

カンデサルタンは、その構造の一部分がアンジオテンシンU(AT1)受容体にしっかりと結合し、
アンジオテンシンUの働きを阻害して血圧を下げます。

 

このお薬は、既往病によって服用法・用量に違いがありますのでご注意下さい。

 

<高血圧症>…………………………1日1回カンデサルタン シレキセチルとして4〜8rを内服。
必要に応じて12rまで増量する。
但し、腎障害を伴う場合は、1日1回2rから服用を開始し、必要に応じて8rまで増量する。

 

<腎実質性高血圧症>………………1日1回カンデサルタン シレキセチルとして2rから内服。
必要に応じて8rまで増量する。 
<慢性心不全(軽症〜中等症)>…アンジオテンシン変換酵素阻害剤の内服が適切でない場合→1日1回カンデサルタン
シレキセチルとして4rから内服を開始し、必要に応じて8rまで増量できる。

 

上記は全て通常成人量です。

 

なお、原則として、アンジオテンシン変換酵素阻害剤以外による基礎治療は続けること。





このエントリーをはてなブックマークに追加