薬剤師 ACE阻害薬

ACE阻害薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)の代表的な薬剤は
エナラプリルマレイン酸塩(レニバース)です。

 

このお薬は、血圧が上がる原因の1つである
アンジオテンシンUが合成されるのを阻害することで高血圧を改善します。

 

また、心臓の負担を減らすことで慢性心不全の症状を改善します。

 

このお薬は、妊娠または妊娠している可能性のある女性は服用できません。

 

降圧作用によるめまい、ふらつきが現れることがあります。高所作業や自動車の運転、
危険の伴う機械の操作などを行う際は、十分注意して下さい。

 

副作用について重大な症状は、血管浮腫、ショック、心筋梗塞、狭心症、急性腎不全、
汎血球減少症、無顆粒球症、血小板減少、膵炎、間質性肺炎、剥脱性皮膚炎、
中毒性表皮壊死症、皮膚粘膜眼症候群、天疱瘡、錯乱、肝機能障害、肝不全、
高カリウム血症、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)

 

・天疱瘡…前ぶれなく、健康な皮膚に色々な大きさの水ぶくれ(水疱)ができる。

 

・抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)…尿量を抑える抗利尿ホルモン(ADH)が
過剰に分泌されてしまい、体内に水分が溜まってしまう状態で、同時に血液中の
ナトリウム分が不足してくる。

 

スポンサーリンク

 

また、代表的な副作用の症状は、めまい、咳嗽、血清カリウム上昇、血清クレアチン上昇です。

 

相互作用として次のようなものが報告されています。

 

○血清カリウム値上昇:スピロノラクトン、トリアムテレン
○初回服用後、一過性の急激な血圧低下:ヒドロクロロチアジド
○リチウム中毒:炭酸リチウム
○降圧作用の増強:ニトログリセリン
○降圧作用の減弱:非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシンなど)、リファンピシン

 

ACE阻害薬は、血圧を上げるアンジオテンシンUができるのを阻害します。

 

同時に、ブラジキニンの分解を抑えます。

 

このブラジキニンが増えることで空咳が起こることがありますが、
服用を中止することでこの症状は改善されます。

 

服用中にこの様な症状が現れた場合は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加