薬剤師 β遮断薬

β遮断薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

β遮断薬で代表的なものは、カルベジロール(アーチスト)です。

 

このお薬は、心臓にあるβ1受容体を遮断することで心臓の運動を抑えることができます。

 

また、血管のα0受容体も遮断することで末梢の血管を拡張します。
その結果血圧を下げ、心臓の負担を減らし、心不全の改善効果もあります。
心臓の運動が減って心臓が必要とする酸素量も少なくなるため、
狭心症の症状も改善することができます。

 

 

服用に関しての注意事項は、気管支喘息・糖尿病ケトアシドーシス・代謝性アシドーシスのある患者さん、
妊婦または妊娠の可能性のある女性は服用できません。

 

めまい・ふらつきが現れることがあります。

 

特に投与初期や増量時には、自動車や危険を伴う機械の操作や
作業などは注意が必要です。

 

※糖尿病ケトアシドーシス…インスリンが不足することで脂肪代謝が促進し、
高血糖の症状に加え脱水・意識障害・昏睡・ショックなどの症状を合併するもの
 代謝性アシドーシス………血液中の酸性度が高くなりすぎた状態

 

副作用についても注意して下さい。
重大 :重大な循環器系の副作用(高度な徐脈、ショック、完全房室ブロック、心不全、心停止)・
肝機能障害・黄疸・急性腎不全・アナフィラキシー様症状

 

代表的:<本能性高血圧症・腎実質性高血圧症・狭心症での使用時>めまい・頭痛・徐脈・低血圧・悪心
    <慢性心不全での使用時>めまい・心不全の悪化・動悸・徐脈・血圧低下・糖尿病悪化

 

スポンサーリンク

 

相互作用には3通りあり、
@相互に作用を増強するもの
Aカルベジロールの作用を増強するもの
Bその他のものとあります。

 

@交感神経系に対し抑制的に作用する他の薬剤(レセルピンなど)、カルシウム拮抗薬(ベラパミル塩酸塩など)、ジギタリス製剤(ジゴキシンなど)
Aヒドララジン塩酸塩、シメチジン
B血糖降下薬(血糖降下作用が増強されることがある)、クロニジン塩酸塩(併用してクロニジン中止後、急激な血圧低下を引き起こすことがある)、アミオダロン塩酸塩(徐脈などが
 起こることがある)、シクロスポリン(シクロスポリンの血中濃度上昇)、リファンピシン(カルベジロールの作用を減弱)、シメチジン(カルベジロールの作用を増強)

 

服薬指導において伝えなければならないことは、心不全に対してβ遮断薬を使う時、
β遮断薬は心臓の働きを抑え、心臓にかかる負担を減らす役割があります。

 

昔は心臓の働いを抑えすぎてしまうといわれ使用が控えられていましたが、
現在では用量を適正に調節することで心不全にたいしも使われるようになりました。

 

用量を適正に保つことが大切で、用量が多くなりすぎると脈が遅くなりすぎる徐脈や
心不全の悪化を起こすことがあります。

 

飲み忘れた時に1回分をプラスして飲んだり用法用量を
勝手に変えるようなことは絶対にしないで下さい。

 

用量の変更を希望する際は、必ず医師に相談してから行うようにしましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加