薬剤師 副交感神経抑制薬(鎮痙薬)

副交感神経抑制薬(鎮痙薬)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

副交感神経は消化管において消化運動を司る神経です。

 

この神経が過剰に興奮すると消化管が過剰に働き痙攣性の収縮が起こります。

 

この過剰な動きを抑えて腹痛などの症状を改善するために使うお薬が
ブチルスコポラミン臭化物(ブスコパン)です。

 

このお薬は、アセチルコリンによる神経刺激伝達を抑え、胃腸管・胆道・泌尿器および
女性生殖器の痙攣を抑制することで内臓の痛みなどの症状や、
消化器症状を改善するお薬です。

 

 

緑内障や前立腺肥大による排尿障害のある患者さん、重篤な心疾患のある患者さん、
麻痺性イレウスのある患者さんは服用することができませんのでご注意下さい。

 

眼の調節障害などを起こすことがあります。
自動車や機械の操作など危険を伴う作業を行う際は注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

副作用については、重大なものでショック・アナフィラキシー様症状があります。

 

代表的な症状は、口渇・便秘・眼の調節障害・心悸亢進(普段は感じることのない
心臓の鼓動が前胸部に感じる不快感)・鼓腸(腹部で気体が溜まり腹部が
太鼓のように膨れて大きくなる状態)です。

 

 

口の渇きを訴える患者さんには、ガムを噛んだりアメをなめたりして様子を
みるようアドバイスすると良いでしょう。

 

お薬の飲み合わせによって作用を増強してしまったり、
反対に弱くしてしまうものがありますので注意して下さい。

 

 

<相互作用>
・作用を増強するもの…抗コリン作用を有する薬剤(三環系抗うつ薬・フェノチアジン系薬剤・モノアミン酸化酵素阻害薬・抗ヒスタミン薬など)
・作用を弱くするもの…ドパミン拮抗薬(メトクロプラミドなど)

 

交感神経と副交感神経により消化管運動の調節が行われいます。


あわせて読みたい記事




このエントリーをはてなブックマークに追加