薬剤師 抗コリン薬(パーキンソン病治療薬)

抗コリン薬(パーキンソン病治療薬)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

抗コリン薬で代表的なものは、ビペリデン塩酸塩(アキネトン)です。

 

このお薬は、脳内のアセチルコリンが過剰になっている状態を改善することで
パーキンソン病の症状を改善します。

 

脳内の興奮を伝達する神経伝達物質であるドパミンが減少し、
アセチルコリンの働きが活発になることによって手足のふるえや体のこわばりを起こしてしまうため、
このお薬によってアセチルコリンが過剰になっている状態を抑え症状を緩和します。

 

 

また、他の薬によって引き起こされるパーキンソン病のような症状を
改善するためにも使用されています。

 

使用上の注意としては、眠気・調節障害および注意力・集中力・反射機能などの低下が
起こることがありますので、自動車や機械の操作など危険の伴う作業は避けるように指導して下さい。

 

また、緑内障や重症筋無力症の人は、
ビペリデンを服用する前に医師や薬剤師に必ず相談するよう伝えましょう。

 

スポンサーリンク

 

副作用についても説明する必要があります。服用後に悪性症候群・依存性・口渇・
排尿困難・便秘・眼圧上昇などの症状が出る可能性があります。

 

患者さんにもこのような症状が出ることを説明し、症状が出た場合は、
医師や薬剤師に相談するようにして下さい。

 

また、口の渇きを訴える患者さんには、ガムを噛んだりアメをなめたりして
様子を見るようアドバイスすると良いでしょう。

 

 

相互作用で、副作用が増強する恐れがある物があります。
次のような薬剤を使用する際は注意が必要です。

 

・抗コリン作用を有する薬剤(フェノチアジン系薬剤。ブチロフェノン系薬剤、三環系抗うつ薬など)
・中枢神経抑制薬(バルビツール酸誘導体、フェノチアジン系薬剤、三環系抗うつ薬、モノアミン酸化酵素阻害薬など)
・その他の抗パーキンソン薬(レボドパ、アマンタジン塩酸塩、ブロモクリプチンメシル酸塩など)

 

特徴のある薬剤についてですが、ゾニサミド(トレリーフ)という薬剤があります。

 

レボドパ含有製剤と併用することでレボドパの作用を増強、
延長してパーキンソン病の症状を改善することができます。

 

 

パーキンソン病では、ドパミン神経系とアセチルコリン神経系のバランスが崩れて
アセチルコリンの働きが過剰になっています。

 

パーキンソン病治療薬は、このバランスを正常に戻すことで症状を改善します。





このエントリーをはてなブックマークに追加