薬剤師 中枢性筋弛緩薬

中枢性筋弛緩薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

中枢性筋弛緩薬で代表的なものはエペリゾン塩酸塩(ミオナール)です。

 

このお薬は、脊髄反射を抑え、筋肉への神経伝達も緩和することで筋肉の緊張を和らげます。

 

筋肉が緊張すると血流が悪くなり、身体にこわばりが出たり、肩こりのように痛みが起こります。

 

このお薬は、このような症状を改善するために使用します。
また、血管の筋肉にも働き、血管を拡張するので、血流の改善効果も期待できます。

 

 

このお薬を使用する際の注意事項は、肝臓の機能が非常に低下している患者さんは服用できません。
脱力感・ふらつき・眠気などが起こることがしますので、
その場合には医師や薬剤師に必ず相談するよう指導して下さい。

 

スポンサーリンク

 

また、上記のような状態になる可能性もあるため、自動車や危険の伴う機械の操作などは
避けるようにし、作業を行う際は十分注意するよう伝えましょう。

 

副作用については、重大なものでショック・アナフィラキシー様症状ショック・
皮膚粘膜眼症候群・中毒性表皮壊死症があります。

 

アナフィラキシー様症状ショックを起こしてしまうと全身症状が出る場合もあり、
死に至るケースもありますので、特に注意が必要です。

 

代表的な副作用は、眠気・不眠・頭痛・四肢のしびれ・悪心・嘔吐・食欲不振・
胃部不快感・腹痛・下痢・便秘・口渇がです。

 

患者さんが口の渇きを訴えてきたら、ガムを噛んだりアメをなめて様子を
見るなどアドバイスしてあげるのも良い方法です。

 

 

相互作用は、類似薬のトルペリゾン塩酸塩では、
メトカルバモールとの併用によって眼の調節障害が現れたという報告があります。

 

 

その他の薬剤で特徴のあるものは下記の通りです。

 

・チザニジン塩酸塩(テルネリン)
服用開始時に急激な血圧の低下が起こることがあります。
立ち上がる際は、ゆっくりと立ち上がり、めまいやふらつきに注意しましょう。

 

チザニジンはフルボキサミンマレイン酸塩やシプロフロキサシン塩酸塩など
と一緒に服用することができません。

 

・ダントロレンナトリウム水和物(ダントリウム)
筋肉の神経に直接作用し緊張を緩和します。
また、悪性症候群の原因となるドマミンーセロトニン神経活性の不均衡を改善し、
悪性症候群を改善します。





このエントリーをはてなブックマークに追加