薬剤師 認知症用薬

認知症用薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

認知症用薬は、認知症の中のアルツハイマー型認知症に適応のある唯一のお薬です。

 

代表的なものは、ドネペジル塩酸塩(アリセプト)というお薬で、脳内の神経刺激を伝える物質
アセチルコリンを分解する酵素コリンエステラーゼの働きを抑え、アセチルコリン増加させることによって
アルツハイマー型認知症の症状の進行を抑えることができます。

 

あくまでも、進行を抑えるもので、このお薬を服用したからといって
アルツハイマー型認知症が治るものではありませんのでご注意下さい。

 

※アルツハイマー型認知症とは、物忘れや自分のいる場所が分からなくなるなどの症状があります。

 

 

このお薬で気を付けなければならないことは、徐脈、心ブロック(洞房ブロック、房室ブロック)、
QT延長などの症状が現れることがあります。

 

心疾患(心筋梗塞・弁膜症・心筋症など)がある患者さんや電解質異常(低カリウム血症など)のある
患者さんなどは、重篤な不整脈を起こすことがあるため、注意しましょう。

 

口腔内崩壊錠は、口の中の粘膜から吸収されることがないので、
唾液または水で飲み込むよう説明して下さい。

 

スポンサーリンク

 

代表的な副作用としては、消化器症状(嘔気・嘔吐・食欲不振・下痢・腹痛など)があり、
重大な副作用の症状としては、失神・徐脈・心ブロック・QT延長・心筋梗塞・心不全・
消化性潰瘍・十二指腸潰瘍穿孔・消化管出血・肝炎・肝機能障害・悪性症候群
(高熱・発汗・振戦・頻脈など)・横紋筋融解症・呼吸困難・急性膵炎・急性腎不全・
原因不明の突然死などがあります。

 

使用の際は、十分注意して使用するよう指導しましょう。
薬物代謝酵素CYP3A4および一部のCYP2D6で代謝されるので、それら酵素を阻害したり、
促進したりする薬や同じ酵素で代謝される薬剤との相互作用を受けやすいお薬なので、
このような薬との併用は避けて下さい。

 

 

このお薬は、軽度および中等度のアルツハイマー型認知症と診断された患者さんのみに使用します。

 

副作用の消化器症状は一時的なものなので、服用を続けても自然と
消化器症状はおさまってきます。





このエントリーをはてなブックマークに追加