薬剤師 三環系

三環系


このエントリーをはてなブックマークに追加  

三環系のお薬で代表的なものは、アミトリプチン塩酸塩(トリプタノール)です。
この三環系抗うつ薬は、第一世代と呼ばれています。

 

抗うつ効果が強い反面、抗コリン作用による副作用も強いお薬です。

 

神経線維間の神経伝達物質(ノルアドレナリン・セロトニン・ドパミンなど)の量が
少なくなるのを抑えることで、気分の落ち込みを抑え、憂鬱な気持ちを楽にし、
意欲を高めるためのお薬です。

 

 

このお薬の注意事項は、眠気・注意力・集中力・反射運動能力などの
低下が起こることがあります。

 

自動車や機械の運転など、危険を伴う操作は行わないよう注意して下さい。

 

うつ病やうつ症状の人は、死んでしまいたいと感じることが多々あります。

 

特に飲み始めや飲む量を変更したときに、不安感が強くなり死にたいと思うなどの
症状が悪くなる場合がありますので、症状が現れたらすぐに医師に
相談するよう患者さんに伝えて下さい。

 

急な減量や中止をすると、吐気・頭痛・倦怠感・易刺激性(ちょっとしたこと(刺激)で
気持ちや身体の変調をきたすこと)、情動不安、睡眠障害などの症状が現れることがある為、
中止する場合は必ず医師と相談し時間をかけて少しずつ量を減らし調整していきます。

 

スポンサーリンク

 

副作用については、悪性症候群、セロトニン症候群、心筋梗塞、幻覚、せん妄、精神錯乱、
痙攣、顔・舌部のむくみ、無顆粒球症、骨髄抑制、麻痺性イレウス、抗利尿ホルモン不適合
分泌症候群(SIADH)、口渇、便秘、排尿障害、視調節障害などがあります。

 

相互作用としては、MAO阻害薬のセレギリン塩酸塩(エフピー)は
、アミトリプチン塩酸塩の代謝を阻害し、アミトリプチン塩酸塩が活性アミノのシナプス内へ
取り込むのを阻害する為、発汗・不隠・全身痙攣・異常高熱・昏睡などの症状が
現れる可能性があるので併用は絶対にしないで下さい。

 

 

このお薬のポイントは、鎮静作用が強く、不安・緊張・焦燥感の強いうつ病に効果的です。

 

副作用はアセチルコリン、ヒスタミンH1、アドレナリンα1受容体遮断作用により起こると考えられます。
効果が現れるまでに2〜3週間かかります。

 

効果により先に副作用が先に出てしまうことがあるので、その旨を十分に説明する必要があります。
夜尿症の適応もあり、適応外では鎮静補助薬としても使用する場合があります。





このエントリーをはてなブックマークに追加