薬剤師 フェノチアジン系

フェノチアジン系(精神科用薬)抗精神病薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

フェノチアジン系のお薬で代表的なものは、クロルプロマジン塩酸塩(ウインタミン、コントミン)です。

 

定型抗精神病薬で興奮の強い統合失調症、躁病の鎮静、神経症における不安、
緊張、抑うつなとの症状がある時によく使われます。

 

神経に過度の興奮を起こすドパミンD2受容体を遮断することでドパミンの働きを抑え、
神経の過度の興奮を抑え強い不安・緊張・心配などを鎮めて気分を安定させるお薬です。
(ノルエピネフリン、セロトニンの生産や放出を抑える作用もあります)

 

このお薬を使う上での注意点は、眠気・注意力・集中力・反射運動能力などの
低下が起こることがあります。

 

自動車や機械の操作など、危険を伴うような操作は行わないように注意して下さい。

 

制吐作用を有するため、他の薬剤に基づく中毒・腸閉塞・脳腫瘍などによる
嘔吐症状が現れにくくなることがある為、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

副作用としては、錐体外路症状・悪性症候群・突然死・心室頻拍・再生不良性貧血・
溶血性貧血・無顆粒球症・麻痺性イレウス・遅発性ジスキネジア・遅発性ジストニア・
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)・眼障害・SLE様症状・肝機能障害・
黄疸・横紋筋融解症・プロラクチン上昇・便秘・口渇・尿閉・傾眠・起立性低血圧・
食欲亢進・肥満などがあります。

 

 

また、相互作用もあり、エピネフリンのα作用が遮断され、β作用が優位になることがあります。
エピネフリンの作用を逆転させて、血圧降下を起こすことがあるので併用は絶対に避けましょう。

 

アルコールや他の中枢神経系を抑える薬(併用注意)によって中枢神経への抑制作用が
増してしまうと様々な症状が出てしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

この薬のポイントとしては、眠気やふらつき、めまい(起立性低血圧)、
抗コリン作用に基づく喉の渇き(口渇)、鼻づまり(鼻閉)、便秘などの副作用を
比較的起こしやすいお薬です。

 

ドパミンD2受容体、アセチルコリン受容体、セロトニン(5-HT2A)受容体遮断作用、
抗ヒスタミン作用があります。

 

また、体重増加を起こしやすいお薬なので注意が必要です。


あわせて読みたい記事




このエントリーをはてなブックマークに追加