薬剤師 抗不安薬

抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

抗不安薬で代表的なお薬は、ジアゼパム(セルシン、ホリゾン)というお薬です。

 

脳剤のベンゾジアゼピン受容体に働き、興奮を抑える物質(ガンマ・アミノ酪酸:GABA)の
働きを活発にすることで、神経細胞の興奮を抑えるとともに気分をリラックスさせ、
不安や緊張を和らげる効果があります。

 

また、よく眠れるようにする作用(睡眠作用)や筋肉をほぐす作用(筋弛緩作用)もあります。

 

このお薬を使う上で注意が必要なことは、眠気・注意力・集中力・反射運動能力などの
低下が起こる場合があります。

 

自動車や機械の操作など危険を伴うことは避けるように注意して下さい。

 

副作用については、代表的な症状として眠気・ふらつき・失調・めまい・
脱力感・倦怠感・もうろう感などがあります。

 

重大な症状としては、依存性・禁断症状・呼吸抑制・刺激興奮・錯乱
(統合失調症などに投与した場合にこの錯乱状態になることが確認されています)
副作用の他に相互作用というものがあります。

 

相互作用とは、このお薬を服用中に他のものと合わせて飲んでしまうと起こる症状です。

 

スポンサーリンク

 

例えば、抗HIV薬リトナビル(ノービアなど)は、過度の鎮静や呼吸抑制などが
起こる場合があるので、併用して服用することは禁止されています。

 

アルコールや他の中枢神経系を抑制する薬によって、
中枢神経への抑制作用が強くなってしまうことがあります。

 

様々な症状が出る可能性があるので、控えるよう説明しましょう。

 

 

このお薬の特徴は、中程度の抗不安作用を持っており、作用時間が長いお薬です。

 

神経症・うつ病・不眠症・心身症などに適応があり、筋緊張の軽減、小児の熱性けいれん、
緊張性頭痛などに使用されます。

 

代謝物であるノルジアゼパム(デスメチルジアゼパム)がかなり強い活性代謝物です。

 

抗不安薬の中でも、それぞれの薬剤の力価と作用時間(半減期)に特徴があります。

 

アルプラゾラムは抗うつ効果が多く報告されており、ベンゾジアゼピン系以外の抗不安薬には
セロトニン1A受容体作動薬のタンドスピロンクエン酸塩(セディール)、
抗ヒスタミン薬のヒドロキシジン塩酸塩(アタラックス)、ハーブ製剤のバッシフローラエキス
(バシフラミン)などがあります。

 

 

神経症・うつ病・心身症に見られる不安・緊張・抑うつなどの症状に効果があり、
抗不安作用の強さなどによって症状に合った薬剤を使い分けることが大切です。


あわせて読みたい記事




このエントリーをはてなブックマークに追加