薬剤師 睡眠薬 鎮静薬

睡眠薬・鎮静薬(ベンゾジアゼピン受容体作薬)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

睡眠薬と呼ばれるお薬の中で、代表的なものがマイスリーです。
脳の興奮状態を鎮め、寝つきをよくしたり、睡眠中に途中で起きないようにするお薬です。

 

これらのお薬は、睡眠を目的とする以外に不安を和らげる作用
(不安による心理的症状や身体症状を和らげる作用)や筋肉をほぐす作用があります。

 

このお薬を使ううえでの基本基本的な注意事項としては、薬の影響が翌朝以降に見られたり、
眠気を催したり、注意や集中することができなくなることがあります。

 

このお薬を服用中は、自動車や機械の操作などは危険ですので、
運転・操作はしないように注意しましょう。

 

また、アルコールや他の中枢神経系を抑制するお薬(併用注意)を飲むと中枢神経への
抑制作用が強まり、様々な症状が出てくる可能性があるので、服用中はアルコールなどは
控えるよう説明しましょう。

 

スポンサーリンク

 

代表的な副作用の症状は次の通りです。

 

・依存性…………………このお薬がないといられない状態

 

・精神症状………………意識・知能・記憶・感情・思考・行動などのうち1つまたは何種類かの障害が起こる

 

・意識障害………………物事を正しく理解できなかったり、周囲の刺激に適切な対応ができない状態

 

・一過性前向性健忘……一時的に記憶がなくなる

 

・呼吸抑制………………呼吸困難な状態

 

・肝機能障害……………肝臓が正常に機能しなくなる

 

・黄疸……………………肌の色や眼球(白目)が黄色くなる症状

 

・反跳性不眠……………薬の服用前よりも強い不眠症状が出る

 

・退薬症候………………急に薬の服用を中止したり量を減らしたりすると、不安・不眠・ふるえ・発汗などが見られる症状

 

 

 

このお薬のは、作用時間が短く、寝つきが悪いタイプの方に効果のある睡眠導入薬と呼ばれるお薬です。
ベンゾジアゼピン受容体のw1受容体への選択性が高いことから、
ふらつきや脱力感などの副作用が少ないのも特徴の一つです。

 

作用時間が短い為、薬を飲んだ後に十分な睡眠時間がとれない場合や、
一旦寝て数時間後にまた起きて仕事をした場合、飲んだ後の出来事を覚えていないことが
あるので、寝る直前に服用するよう指導して下さい。

 

睡眠薬をしばらく飲み続けていて、突然飲むのを止めてしまうと、
かえって眠れなくなることがあります。

 

また、頭痛・めまい・耳鳴り・しびれ・不安などの症状が出ることもあるので、
自己判断で薬を飲むのを止めたりしないよう注意を促しましょう。

 

その他の特徴ある薬剤の指導ポイントとしては、不眠症は、寝つきが悪い(入眠障害)、
夜中に何度も目が覚める(中途覚醒)、早く目覚めてしまう(早朝覚醒)、睡眠時間は
十分なのでぐっすり眠れた感じがしない(熟眠障害)などの症状に分けられています。

 

患者さんそれぞれの症状がありますので、症状に適した睡眠薬を使いましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加