薬剤師 服薬指導

指導が難しい薬剤の服薬指導


このエントリーをはてなブックマークに追加  

服薬指導を行う際に、医師の説明と指導内容が矛盾しないようにしなければなりません。
薬剤によっては、薬の効果や副作用を説明するのが難しいものもあります。

 

例えば、悪性腫瘍の場合、患者さん自身に「がんです」と告知されている場合と
告知されていない場合があります。

 

告知を受けていない患者さんに対して「このお薬は抗がん剤です」と説明してしまうと、
患者さんと医師を巻き込んでのトラブルとなってしまします。

 

ここで、必ず確認しなければならないのは、
’医師からどのような説明を受けているか’ということです。

 

中には、「良性の腫瘍で治療を行えば心配ありませんよ」と
説明を受けているかもしれません。

 

 

医師や看護師に確認を取ることが一番大事なことですが、
それができない場合は、患者さんに直接確認を取らなければなりません。

 

患者さんに確認する際のポイントは、「告知を受けているか、告知を受けていないのか」です。

 

そして、医師や看護師から薬についての説明をどのように聞いているのかを尋ねてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

指導を行う際に一番気をつけなければいけないのが「薬の効果の説明」です。

 

告知を受けていることを確認できない患者さんの場合は、
「悪性腫瘍」「がん」と言った言葉は控えないといけません。

 

「細胞に作用するお薬です」「再発を防ぐお薬です」といった具合に説明を行い、
決定的な言葉を使わないように注意しましょう。

 

 

また、抗がん剤は様々な投与スケジュールがある為、日頃から化学療法についての
レジメント(薬剤の種類・量・期間・手順などを時系列で示した計画書)の知識を
つけておく必要があります。

 

副作用の説明においては、患者さんに適応しているレジメントをできる限り把握しておきましょう。

 

例えば、薬局でティーエスワンを投薬している患者さんの中には、ティーエスワン単剤で
服用している患者さん以外にも、外来化学療法でイリノテカンを併用している方、
プラチナ製剤を併用している方などもいるかも知れません。

 

一般的には併用療法は単剤による治療よりも副作用が強く出てしまう可能性があり、
併用薬の確認と併用レジメントに特徴的な副作用があるかどうか確認しておくことも重要です。

 

 

痛みが強い患者さんに「強い痛み止め」としてオキシコドンという薬が処方される場合があります。

 

このオキシコドンは、モルヒネにとても近い作用があります。

 

抗がん剤の時と同様に、オキシコドン(モルヒネ)を「麻薬」として伝えられていないまま
使用されていることがあり、医師や看護師からどの様な説明を受けているのか注意
しなければなりません。

 

モルヒネに対する印象があまり良くないと思っている患者さんが多くみられるので、
言葉を慎重に選んで説明を行う必要があります。

 

緩和医療を実際に体験したことがなければ、実際に麻薬の服薬指導を行うのは難しいものです。

 

レスキューの使い方など、薬剤師による服薬指導の関わりで痛みの調節を大きく改善することが
できるのも事実なので、OPTIM「緩和ケア普及のための地域プロジェクト」といったサイトなどを
利用して緩和医療を学び、服薬指導に役立てていきましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加