服薬指導 薬歴管理

服薬指導と薬歴管理〜お薬手帳との関係〜


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤服用歴管理簿とは、薬剤師が個々の患者さんのお薬に関するケアを実践する為に、
患者さんの生活環境などの表では見えない部分やお薬での治療に関する様々な
情報を時系列のように薬剤治療を行った順にどのような変化が起こっているのか、
どのような状態にあるのかを一つにまとめた薬剤服用歴を運用管理することです。

 

それらを記録したものが「薬剤服用歴管理簿」と言われています。

 

患者さんのお薬での治療の「安全性」「有効性」を確保するために
必ず薬剤服用歴管理簿を作成し、薬学的管理を実践することは、
服薬指導とともにとても重要な業務になります。

 

大切なのは、患者さんが病院から受け取った処方箋を薬局に渡し、
服薬指導が終わるまでの全ての過程で、
その内容をいつでも確認・チェックできるような運用法をとることです。

 

また、「紙の薬歴」の場合は、処方箋と一緒に調剤室へ回したり「電子薬歴」の場合は、
薬歴をいつでも見れるように調剤室に電子薬歴用の端末を設置するなど、
必要時に内容の確認ができるよう工夫をすることが大切です。

 

薬剤服用歴管理簿は、処方監査・薬剤の調製・服薬指導・医療相談に活用し、
患者さんが正しくお薬を使うための薬局としての大切な道具でもあり、
薬局にとっての「財産」と考えると理解しやすいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

一方、お薬手帳は紙でできた処方してもらった薬の種類などを記録しておく手帳です。

 

この手帳は、患者さん自身が薬に関する情報を保持するのと同時に、
医療機関や医療提供施設の薬局が個々の患者さんの情報を共有するための
手段でもあり道具となります。

 

ただし、患者さんが、その意義と使い方を理解していない場合は、
十分機能を発揮することはできません。

 

お薬手帳は、薬局または医療機関で薬剤師によって記載・記録されます。

 

現在は、病院でも診療報酬点数がつき、退院時服薬指導に
お薬手帳を使うケースも多くなっています。

 

患者さんにお薬手帳の意義と使い方・目的を十分に理解してもらうことが重要です。

 

 

患者さんの医薬品使用時における安全性・有効性を確保するためには、
服薬指導は必ず必要となり、充実した服薬指導を実施するためには、
薬剤服用管理簿がなくてはならない資料・財産です。

 

 

一方、お薬手帳は、患者さんを中心に医療機関や薬局をつなぐ
薬物治療のかけ橋的存在です。

 

患者さんにお薬手帳の大切さを理解してもらい、
薬物治療におおいに役立ててもらいたいと思います。

 

そして、薬局側もよりよい服薬指導実現のために薬剤服用管理簿を
十分活用し、薬物治療に貢献してもらいたいと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加