疑義照会

疑義照会について知る


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬剤師は処方せんについて、疑義を申し立てることができます。
これは、薬剤師のみの権限です。

 

疑義照会は医薬分業の本質であり、薬剤師による調剤が社会的に指示される
大きな理由です。

 

以下は、実際に疑義照会を行う時の注意点です。

 

 

疑義照会の法的根拠

近年の医療過誤は、毎日のようです。

 

その中には、薬剤師による調剤ミスが原因のものもあり、
あきらかに疑義照会不足によるものもあります。

 

薬剤師の疑義照会は、医師の医療行為に対して
薬物治療の安全性と効果を確保するためのものです。

 

従って、医師との個人的関係や経済関係とは無関係です。
最近の判例の中には、薬剤師が疑義照会を怠ったことにより
、医師との共同不法行為として損害賠償請求を認めるものもあります。

 

下記は、法的な根拠です。

 

  • ○薬剤師法第24条(処方せん中の疑義)
  • 薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、
    歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、
    これによって調剤してはならない。

     

  • ○保険医療機関及び保健医療担当規則第3条2項
  • 保険医は、その交付した処方せんに関し、保険薬剤師から疑義の照会があった場合には、
    これに適切に対応しなければならない。

 

スポンサーリンク

 

疑義照会の手順

処方せんは、医師と薬剤師との交信手段の方法です。
疑義照会が必要な場合は、お互いの専門性と信頼関係を損なわない常識ある対応をしましょう。
実際には、電話で下記のような手順です。

  1. 疑義の内容を簡潔に整理しておく。
  2. 代わりの薬剤や回避方法を用意しておく。
  3. 後のことを考えて、複数の疑義がないか確認する。
  4. 疑義照会の内容と処置の一連の経過を記録として残しておく。

 

 

疑義照会後の記録

○薬施則第15条…疑義照会して医師に確認した内容は、必ず処方せん上に残さなければなりません。
記録事項は、下記です。

  1. 問い合わせ日時
  2. 問い合わせた薬剤師名
  3. 電話に対応した医師名
  4. 問い合わせ方法(電話、文書、面談など)
  5. 問い合わせ内容
  6. 回答の内容(確認、変更、訂正の内容)

電話での処方変更の場合、医師の診療が変更されないために、
同様な疑義照会が複数回となることがあります。

 

この防止のためには、変更点を医師に文書で連絡し、診療録の訂正を依頼します。

 

 

疑義照会結果の説明

処方内容の変更は、患者が不安を持つことがないように、十分に説明します。
医師と患者の信頼関係に配慮すべきです。

 

事前に、患者への説明方法を医師に確認しておくとよい。




このエントリーをはてなブックマークに追加