処方箋チェック 重要性

処方箋チェックの重要性について知る


このエントリーをはてなブックマークに追加  

処方せんに確実に目を通すことは、正確な調剤と薬物治療を行ううえで
薬剤師に課せられた重要な義務です。

 

また、処方せんの内容に不備や疑義がある場合には、その点について照会を行い、
それが解決しない限り調剤をしてはいけません。

 

処方せんの内容についてのチェックすべきポイントを確認します。

 

処方せんチェック(処方監査と形式チェック)

処方せんのチェックは、形式的な記載事項のチェックと患者情報を含めた薬学的な
処方内容のチェック(処方監査)に分けることができます。

 

具体的な記載方法については、下記の点検項目を参照してください。

  1. 患者の氏名、年齢
  2. 薬名、分量、用法、用量
  3. 発行年月日
  4. 使用期間
  5. 病院,診療所などの名称,所在地
  6. 処方医氏名の署名あるいは記名押印
  7. 保険者番号、被保険者証などの記号、番号など

 

<麻薬処方せんの場合は以下も必要>

  1. 麻薬の施用者の免許証番号
  2. 患者の住所

 

スポンサーリンク

 

処方内容のチェック

保健医療では、薬価基準に記載された医薬品しか使用できません。
薬品名は、局方名、一般名などを用い、剤形(ざいけい…医薬品をその目的、
用途に応じ適切な形に作り直したものの形自体)規格を明記します。

 

用法・用量は、添付文書に記載されている範囲になり、基本的に内服薬が1日分、
外用剤では1日分、1回分のほか投与全量の場合もあります。

 

また、投与量や投与日数に制限がある場合もあり、注意が必要です。

 

その他はチェックすべき点は下記です。

 

1、処方内容の確認

  1. 調剤薬の特定(薬品名+剤形+規格)
  2. 分量、用法・用量
  3. 警告・禁忌
  4. 相互作用
  5. 配合変化
  6. 使用上の注意点

 

2、薬歴の確認その他
@重複処方、他科受診
患者によっては、他の医療機関での処方せんの交付があります。

 

この場合、患者自身から薬歴簿等により薬剤の重複や相互作用などを確認することが大切です。

 

最近はサプリメントの使用者も多く、その点の相互作用も薬局は注意しなければなりません。

 

また、服薬に関しては、患者志向の立場から処方内容を吟味しなければなりません。

 

服薬のアドヒアランス(患者が積極的に治療方針の決定に参加し、
その決定に従って治療を受けること)を高めるには、処方内容について、
患者の不安を除去し、服薬しやすい環境を整えることが最重要です。




このエントリーをはてなブックマークに追加