患者個別 薬物治療

患者個別の薬物治療が可能になる時代


このエントリーをはてなブックマークに追加  

患者によって薬剤の効果や副作用が異なることがあります。

 

ひとつは、薬物の体内での活動(PK)に個人差があることです。

 

もうひとつは、薬物にも感受性(PD)があるということです。
この二つの要因により、患者ごとに薬物の効果・副作用に個人差が生じます。
PKの個体間の格差は、薬物血中濃度を測定すると判明します。
複数の薬剤が治療薬物モニタリング(TDM)の対象になっております。

 

血中濃度を測定すると、薬物の体内での活動の個人差を少なくするように投与設計がなされています。
血中濃度測定の対象になっているのは、ジゴキシン、テオフィリン、フェニトイン、シクロスポリンなどです。

 

これらの薬は血中濃度測定の対象になっており、その結果に基づいて投与設計をすれば、
「特定薬剤治療管理料」として月1回保険算定をすることができます。

 

血中濃度を測定すべき薬は、
@薬物血中濃度と治療効果および副作用に相関関係があり、
血中濃度が治療効果および副作用の指標になり得る薬物で
A体内での活動(吸収・分布・代謝・排泄)の個人差が大きく、特に
B治療域が狭く、副作用発見域と接近している薬剤です。

 

また、PDの個体間の格差は、薬効評価の指標がある薬剤の場合、それらの検査値を
測定すると判明し、薬剤の選択、用量・用法の設定に利用されています。

 

スポンサーリンク

 

たとえば、ワルファリンの薬力学指標としては血液凝固能検査があります。
薬局においても、患者が持参した検査値やインタビューなどから、ワルファリンのデータ入手は
可能なことが多いので、効果、副作用のモニタリングをしながら服薬指導を行うことが望まれます。

 

またPKおよびPDの個人差が生じる要因は、先天的(遺伝的)要因と
後天的(患者の状態、疾病、併用薬など)要因にわけられますが、
近年、PKおよびPKの個人差に関係する遺伝子の変異が明らかになっています。

 

患者の遺伝子を薬物治療の前に調べることにより、
薬物投与前に効果や副作用が現れやすい患者を診断できます。

 

その結果に基づき投与量の調節をします。薬物治療の個別化が進んでいる一例です。

 

たとえばワルファリンは、PKの個人差に関係するワルファリン代謝酵素である遺伝多型と、
PDの個人差に関係する遺伝多型によって効果や副作用が異なることが知られています。

 

米国では、これらの遺伝子多型についての情報が添付文書に記載されています。

 

これら2つの酵素の遺伝子多型により治療効果を得る投与量が異なり、
必要とされる投与量について表示されています。

 

このように将来は多くの薬で、遺伝子検査により、患者個別の薬物治療が行われると予想され、
それらの情報を考慮して服薬指導をする時代は目前です。




このエントリーをはてなブックマークに追加