薬物 代謝

薬物の代謝・排泄についての理解


このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬物の代謝

 

肝代謝性の薬物では、作用部位に結合し作用終了後は、
再び循環器系統に戻ります。

 

そして、主に肝臓中の薬物代謝酵素などで代謝されて不活性化されます。
生体は、体内に取り込まれた脂溶性の薬物を、
より水溶性(極性)の高い薬物に変換して体外に排泄します。

 

この一連の過程が代謝です。
一般に、第T相反応(酸化・還元・加水分解)で水酸基、アミノ基、
カルボキシル基などの官能基(→下記*)を付加し極性を増します。

 

第U相反応(抱合→下記*)にて水溶化します。

 

*官能基…有機化合物の同族列の原因となるような結合組織。反応性の高いものが多い。
*抱合…生体の解毒機構の一つ。体内に入った毒物・薬物などが他の物質と結合すること。

 

薬物の代謝に関与する酵素系のうち、最も関係が深いのは、
チトロクロームP・450(CYP)で薬物の酸化を行います。

 

CYPの中で、CYP3A4が最も薬物を代謝しています。

 

スポンサーリンク

 

薬物の排泄

腎排泄性の薬物では、作用部位に結合後、
再び循環器系統に戻り、腎臓から薬物が排泄されます。

 

胆汁排泄性の薬物は胆汁から排泄され、便の中に出ていきます。

 

また肝代謝性の薬物も水溶化された後には、腎または胆汁から排泄されます。

 

腎排泄性の薬物は、腎機能低下時に減量や投与間隔の延長が必要であり、

 

  1. 患者肝機能(クレアチニンクリアランス=Ccr,または推定糸球体ろか率=eGFR)を確認し、
  2. 腎排泄性薬剤か否かの確認(未変化体または活性体の尿中排泄率)、
  3. 腎機能に基づく投与量・投与間隔の算出を行います。

 

添付文書等に腎機能低下時の投与量や間隔が記載があれば、
それらの資料を使用し、腎機能に合致した適切な投与量や投与間隔をチェックします。

 

 

腎機能を求める式と腎排泄性薬剤の添付文書記載例

腎機能を求める式
1、Ccr(クレアチニンクリアランス)=(140-年齢)×体重÷(72×S-Cr)×(0.85:女性の場合)
2、糸球体ろ過率(GFR)を求める式(日本人のGFR推算式:eGFR)
GFR(ml/min/1.73×1.73)=194×Cr-1.094×年齢-0.287(×0.739:女性の場合)
添付文書上に腎機能による投与量が記載されている例(ファモチジン)

 

<1回20mg1日2回投与を基準とする場合>

クレアチニンクリアランス(ml/min.) 投与法
Ccr>=60 1回20mg 1日2回
60>Ccr>30 1回20mg 1日1回、1回10mg 1日2回
30>=Ccr 1回20mg 2〜3日に1回、1回10mg 1日1回
透析患者 1回20mg 透析後1回、1回10mg 1日1回



このエントリーをはてなブックマークに追加