薬剤師 抗ガン剤

抗ガン剤の勉強は難しい?


このエントリーをはてなブックマークに追加  

新人薬剤師の教育をしていると、抗がん剤の勉強が、
若手の薬剤師にとって、非常に難しいものだということを感じます。

 

がん化学療法は毎年のように情報が亢進され、最新のエビデンスを常にアップデートしていくことは、
若手の薬剤師ではくとも非常に大変なことです。

 

また、講義などはなく、自分で常に情報をアップデートしようとなると、
論文を読む力や統計学的な知識も必要となります。

 

こうした知識をつけるためには様々な学習方法があると思いますが、忙しい業務と並行して
行える勉強方法として、日本臨床腫瘍学会のホームページから閲覧が可能な「教育セミナー」や、
自治医科大学図書館のホームページで閲覧できる「自治医科大学図書館ビデオオンデマンド・サービス」を
利用することが挙げられています。

 

がん薬物療法教育の担い手として、米国では米国臨床腫瘍学会(ASCO)、欧州では欧州臨床腫瘍学会
(ESMO)がありますが、日本においては日本臨床腫瘍学会(JSMO)がその役割を果たしています。

 

がん薬物療法専門医の認定を行っている学会であり、教育セミナーや教科書を通じて、
がん治療の標準化、均てん化を担っています。

 

スポンサーリンク

 

そのJSMOの教育セミナーは、インターネットで視聴が可能であり、
基本的な理論から統計学まで、腫瘍学に必須の知識を学ぶことができます。

 

自治医科大学図書館のビデオオンデマンド・サービスでは、自治医科大学で行われている
非常に価値のある講義を、インターネット放送の形で閲覧できます。

 

かんプロフェッショナル養成プランの臨床腫瘍学講義は、各種がんにおける
日本のトップ・オンコロジストが講義しており、非常に勉強になります。

 

 

また、このビデオオンデマンド・サービスでは、IDATEN(日本感染症教育研究会)でも活躍されている
五味晴美先生の講義を視聴することもできるなど、非常に質の高い内容の講義が揃っています。

 

インターネット放送による講義は、多忙な業務の中でも自分の空いた時間に閲覧ができるので、
勉強会会場に移動する時間も省けますし、効率のよい勉強法の1つといえます。

 

がん化学療法の服薬指導は、ただ単に各薬剤の副作用を説明するだけでは十分とはいえません。

 

現在はインターネットで一般の人もたくさんの情報を得られるようになり、
「自分の調べたこの治療法はどうか」と質問してくる患者さんがいるのも事実です。

 

各薬剤の副作用を勉強するだけでなく、がん化学療法レジメンの詳細な内容や、
エビデンスとしてどういった位置付けにあるか、また現在どのような治療法の臨床試験が行われているかなど、
広範な知識をつけておく必要があるでしょう。

 

 

また、臨床の現場で働いていると、がんの補完代替医療についても、
多くの患者さんが薬剤師に意見や考えを聞きたいと考えているというのを痛感します。

 

「がんの補完代替医療ガイドブック」など、代替医療の位置付けを、
薬剤師が十分理解しておく必要もあると考えられます。





このエントリーをはてなブックマークに追加