薬剤師 高カリウム血症治療薬

高カリウム血症治療薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

慢性腎臓病では、病期が進行すると腎機能の低下とアシドーシスを合併し、
血清カリウム値が上昇します。

 

高カリウム血症は不整脈、心停止を引き起こすため、
食事療法とともに薬物治療が適応となります。

 

代表的なお薬は、ポリスチレンスルホン酸カルシウム(カリメート)です。

 

ポリスチレンスルホン酸カルシウムは消化・吸収されることなく、結腸付近でカルシウムイオンと
腸管内のカリウムイオンとを交換することで体外に排泄させ、血清カリウム値を低下させます。

 

通常は、慢性腎臓病に伴う高カリウム血症の治療に用いられます。

 

 

使用上の注意は、ポロスチレンスルホン酸カルシウムの副作用には、
腸閉塞、腸管穿孔といった重篤な副作用があります。

 

普段から便秘があるようであれば、便秘の調節も意識して、
排便状況を日々確認するよう指導しましょう。

 

腹痛や腹部膨満感といった症状が出現した場合は医師や薬剤師に相談するよう伝えましょう。

 

副作用で重大・代表的な症状は、腸管穿孔、腸閉塞の他に高カルシウム血症という副作用があります。

 

ポリスチレンスルホン酸カルシウムではカリウムとカルシウムを交換することで
血清カリウム値を低下させるため、カルシウムが腸管に放出され、血清カルシウム値が
高値になるとだるい、いらいら感、意識障害といった副作用を生じます。

 

スポンサーリンク

 

相互作用としては、重要なものに、ジギタリス製剤との相互作用があります。
血清カリウム値の低下により、ジギタリス製剤の効果が強く発現することがあります。

 

 

・ポリスチレンスルホン酸カルシウムは陽イオン交換樹脂で、
服用すると口の中でザラザラ感や樹脂臭が長く残ってしまうことがあります。

 

また、服用する量も多く、慢性腎臓病の患者さんは水分制限のある中、
薬剤の服用に多量の水を服用せざるを得なくなり、その結果アドヒアランスが低下してしまうことがあります。

 

こうした訴えを聞いた場合、医師に問い合わせをして、ゼリー型製剤に切り替えるのも手段の1つです。
セリー型製剤に含まれる水分は1回分あたり15〜30mlと、散剤服用時に必要とされる水分の
30〜50mlに比べ少なく、また服用しやすいようフレーバーを提供しています。

 

デメリットは1回分あたりの包装が大きく、患者さんが持ち帰る際に散剤と比べてかさばってしまう点です。
こうした点を嫌って散剤に戻す患者さんもいます。

 

 

・類似薬のポリスチレンスルホン酸ナトリウム製剤は、
カリウムとナトリウムを交換することで血清カリウム値を低下させます。

 

この薬剤はナトリウムを体内に残すため、
慢性腎臓病患者に使用するときは心不全などに注意が必要です。





このエントリーをはてなブックマークに追加