薬剤師 抗ホルモン薬

抗ホルモン薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホルモンの影響で増殖する腫瘍に対し、そのホルモンの分泌や作用を抑えることによって、
腫瘍の増殖を抑制しようというのがホルモン療法です。

 

乳がんや子宮がん、前立腺がんが適応になります。ホルモン療法で代表的なお薬は、
タモキシフェンクエン酸塩(ノルバデックス)です。

 

乳がんの中には、エストロゲンとプロゲステロンにより腫瘍の増殖が促進されるものがあります。
ホモンレセプター陽性の腫瘍では、このホルモンを標的とした治療が行われます。

 

タモキシフェンは乳がん組織のエストロゲンレセプターに対しエストロゲンと競合に結合し、
抗エストロゲン作用を示すことによって抗悪性腫瘍効果を発揮すると考えられています。

 

 

使用上の注意は、乳がんのホルモン療法では、副作用として子宮体がん、
子宮肉腫、子宮内膜ポリープなどが報告されています。

 

本剤投与中かた投与終了後は、定期的に検査を受ける必要があります。
無月経、月経異常、性器不正出血などの症状が出現した場合は、
すぐに受診し、検査を受けるよう伝えましょう。

 

スポンサーリンク

 

副作用で重大・代表的な症状は、子宮体がんや子宮内膜症の初期症状としては
性器不正出血や生理不順が、血栓塞栓症の初期症状としては局所の痛みや圧痛を、

 

 

また白内障の初期症状としては視力低下やかすみ目などが考えられます。

 

ホルモン療法は、一般的に化学療法に比べて副作用が少ないとされていますが、
投与が長期間に及ぶため、十分な注意が必要です。

 

相互作用としては、ワルファリンカリウムの作用を増強することがあるため、
併用には出血などの注意が必要です。

 

 

また、パロキセチン塩酸塩水和物などは本剤の作用を減弱させる
恐れがあります。

 

・乳がんの初期治療には手術、放射線療法に加えてホルモン療法、抗体療法、
がん化学療法が使用されますが、これらのエビデンスを適切に把握していなければ、
副作用に苦しみ、またそれを理由に服用を拒否するような患者さんに治療の必要性を説明できないでしょう。

 

・早期乳がんの治療に関しては、2年に1度、スイスのザンクトガレンに世界中の乳がん専門家が
集まるSt.Gallen Conferences(ザンクトガレン・カンファレンス)が開催され、治療指針が決定されます。





このエントリーをはてなブックマークに追加