薬剤師 抗結核薬

抗結核薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

結核は、結核菌による感染が原因で咳や発熱などの症状を引き起こす呼吸器感染症です。
治療には抗結核薬と呼ばれるお薬を使います。
代表的なお薬は、リファンピシン(リファジン)です。

 

結核菌の蛋白合成に必要なRNA合成酵素を阻害して、結核菌を死滅させるお薬です。

 

使用上の注意は、尿・便・唾液・痰・汗が赤橙色に着色することがありますが、
あまり心配はいりません。

 

涙も着色するため、ソフトコンタクトレンズが変色する可能性があります。

 

副作用で重大な症状は、劇症肝炎、ショック、アナフィラキシー様症状、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、
溶血性貧血、無顆粒球症、偽膜性大腸炎、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、
扁平苔癬型皮疹、天疱瘡様および類天疱瘡様皮疹、紅皮症(剥脱性皮膚炎)、間質性肺炎です。

 

代表的な症状は、発熱、じんましん、血尿、出血傾向、胃腸障害、頭痛、めまいなどがあります。

 

スポンサーリンク

 

相互作用は次の通りです。

 

@併用禁忌:HIV感染症治療薬、プラジンカンテル、ボリコナゾールなど
A本剤で副作用が増強される薬剤:エタンブトール塩酸塩、イソニアジトなど
B本剤で作用が減弱される薬剤:ジキタリス製剤、ワルファリンカリウム、経口糖尿病用薬、免疫抑制薬、
抗不整脈薬、カルシウム拮抗薬、β遮断薬、高脂血症治療薬、マクロライド系抗生剤、アゾール系抗真菌薬、
HIV感染症治療薬、抗てんかん薬、抗精神病薬、ベンゾジアゼピン系薬剤、三環系抗うつ薬、抗悪性腫瘍薬など

 

結核の治療では、決められた薬を6〜9か月間毎日きちんと服用することが大切です。
服用を中断すると、薬がまったく効かない多剤性結核菌が出現する可能性が高くなるため、
保険薬局を含む医療機関と保健所などの行政が協力して直接監視短期化学療法(DOTS)を
行う場合もあります。

 

※DOTSとは、患者さんが正しい量の抗結核薬を正しい時間にきちんと服用できているかを
医療従事者がその場で確認する方法で、再発率や多剤耐性菌を減少させ、
治療を確実に完結させるために有効といわれている結核対策です。





このエントリーをはてなブックマークに追加