薬剤師 麻薬

麻薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

【モルヒネ硫酸塩徐放錠(MSコンチン)】

 

麻薬は脳や脊髄に作用して、痛みを抑えるお薬です。鎮痛作用が強いため、
NSAIDsなど他の痛み止めが効かない場合や、激しい痛みがある場合に用います。

 

飲み薬だけではなく、貼り薬や坐薬など様々な剤形があります。
代表的なお薬は、モルヒネ硫酸塩徐放錠(MSコンチン)です。

 

モルヒネはオピノイド鎮痛薬と呼ばれ、中枢や脊髄にあるオピオイド受容体に作用して、
痛みの伝達をブロックします。

 

使用上の注意は、このお薬は、徐々に薬の成分が放出されるようにできています。

 

噛んだり割ったりすると、放出される薬の量にばらつきが出て、
副作用が起きやすくなる可能性があります。

 

そのため、噛んだり割ったりせずにそのまま服用するよう指導しましょう。

 

また、このお薬は代謝を受けて腎臓から排出されます。

 

この代謝物はモルヒネと同じように作用するため、腎臓の機能が低下していると蓄積が起こり、
傾眠などの副作用が出る場合があるので注意が必要です。

 

副作用で重大な症状は、ショック、呼吸抑制、依存性、錯乱、せん妄、無気肺、気管支痙攣、
喉頭浮腫、麻痺性イレウス、中毒性巨大結腸、肝機能障害です。

 

代表的な症状は、便秘、吐気、嘔吐、眠気、めまい、排尿障害、発疹などがあります。

 

スポンサーリンク

 

相互作用で併用禁忌のお薬はありませんが、次のお薬との併用には注意が必要です。

 

@副作用が増強される薬剤:中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体など)、
吸入麻酔薬、MAO阻害薬、三環系抗うつ薬、β遮断薬、アルコール、抗コリン作用を有する薬剤
A本剤で作用が増強する薬剤:クマリン系抗凝血薬(ワルファリンカリウム)
B本剤の作用が減弱する薬剤:ブプレノルフィン塩酸塩
C本剤で血中濃度が上昇する薬剤:ジドブジン

 

麻薬による吐気は、延髄に存在する嘔吐中枢に刺激が伝わることで起こります。

 

投与開始直後や増量後に多く見られますが、耐性が形成されるため、
2週間ほどで消失することが多いといわれています。

 

吐気がひどい場合には、一時的に吐き気止めの薬を併用することもあります。

 

その他にも、麻薬は腸管に存在するオピオイド受容体(μ2受容体)に作用して、便秘を起こします。

 

吐気と違い、麻薬による便秘には耐性が形成されないため、
下剤を併用して便通をコントロールする必要があります。

 

副作用が出る、痛みがコントロールできないなどの理由で、同じ薬の継続使用が難しい場合は、
他のオピオイド鎮痛薬に変更する必要があります。これを、オピオイドローテーションと呼びます。

 

 

【フェンタニル貼付剤(デュロテップMTパッチ)】

 

フェンタニルは、モルヒネをもとにして合成され、鎮痛効果はモルヒネの75〜100倍といわれているお薬です。
貼付剤を皮膚に貼ると、毛細血管から少しずつ一定の速度で
薬剤が吸収されるため、3日間効果が持続します。

 

モルヒネに比べて吐き気や便秘を生じにくく、モルヒネ製剤から切り替えて使用されます。

 

 

また、フェンタニルの代謝物は腎臓に蓄積しにくいため、
腎臓の機能が低下してモルヒネの使用が難しい患者さんにも使うことができます。

 

使用上の注意は、このお薬を貼る際にパッチの粘着面に触れてしまった場合は、
必ず水で洗い流すようにします。

 

石鹸、アルコール、ローションなどを使用すると薬が吸収されやすくなるため、注意が必要です。

 

また、このお薬は体温が3℃高くなると、最高血中濃度は約25%増えるといわれています。

 

そのため、40度以上の高熱があるときは呼吸抑制などの副作用が出ていないか、
注意して使う必要があります。

 

汗をかくほど熱い湯に長時間つかることも避けるよう指導して下さい。

 

 

副作用で重大な症状は、依存性、呼吸抑制、意識障害、ショック、アナフィラキシー様症状、けいれんです。
代表的な症状は、便秘、吐気、貼付部位のそう痒感、眠気、発疹、せん妄などがあります。

 

 

相互作用として併用禁忌の薬はありませんが、次のようなお薬は併用に注意が必要です。

 

@副作用を増強させる薬剤:中枢神経抑制薬(フェノチアジン系薬剤、ベンゾジアゼピン系薬剤、
バルビツール酸系薬剤など)、吸入麻酔薬、モノアミン酸化酵素阻害薬、三環系
抗うつ薬、骨格筋弛緩薬、鎮静性抗ヒスタミン剤、アルコール、オピオイド系薬剤

 

A本剤の血中濃度を上昇させる薬剤:リトナビル、イトラコナゾール、アミオダロン塩酸塩、
クラリスロマイシン、ジルチアゼム塩酸塩、フルボキサミンマレイン酸塩

 

普段はオピオイド鎮痛薬で痛みが抑えられていても、一時的な痛み(突出痛)が出る場合には、
即効性の鎮痛薬を追加します。

 

これをレスキュードーズと呼びます。

 

レスキュードーズは1日に投与しているオピオイド量をモルヒネ量に換算し、その1/6量を1回量として使用します。

 

オピオイド鎮痛薬は痛みを抑える作用が強いといわれていますが、
神経因性痛や骨転移痛には効きにくいといわれています。

 

オピオイドが効きにくい場合には、鎮痛補助薬を併用します。

 

神経因性痛には抗てんかん薬(カルバマゼピン、ガバペンチンなど)、抗うつ薬(アミトリプチリン塩酸塩など)、
抗不整脈薬(メキシレチン塩酸塩など)、副腎皮質ステロイド(プレドニゾロン、デキサメタゾンなど)を、
骨転移痛にはリセドロン酸ナトリウム水和物(アクトネル、ベネット)などの
ビスホスホネート系薬剤を使用することが知られています。





このエントリーをはてなブックマークに追加