薬剤師 化学伝達物質遊離抑制薬

化学伝達物質遊離抑制薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

アレルギー反応は、体内で化学物質が過剰に放出されて起こります。
化学伝達物質遊離抑制薬は、ヒスタミン・ロイコトリエン・トロンボキサンA2・
血小板活性因子(PAF)などに代表される化学伝達物質の放出を抑えるお薬です。

 

代表的なお薬は、クロモグリク酸ナトリウム(インタール)です。

 

体内にアレルギーの原因物質(アレルゲン)が侵入すると、免疫を司る肥満細胞や
好塩基球から過剰に化学伝達物質が放出され、アレルギー反応が起こります。

 

剤形によって使われる疾患は様々で、細粒は食物アレルギーに基づくアトピー性皮膚炎に、
点眼液や点鼻液はアレルギーによる目のかゆみや鼻づまりに用います。

 

使用上の注意は、クロモグリク酸は、すでに起きてしまったアレルギー反応に対する効果はありません。
十分な効果が出るまでには1〜2週間継続して使う必要があります。

 

主に予防薬として使います。また、点眼液や点鼻薬は衛生上、
開封してから1か月以上経過した残液は使用しないよう指導しましょう。

 

スポンサーリンク

 

副作用についての報告は以下の通りです。

 

<細粒>重大な副作用の報告はありません。
    代表的な症状:喉の痛み、下痢、腹痛、食欲不振、吐気、湿疹など

 

<点眼>重大な副作用:呼吸困難・血管浮腫・じんましんなどのショック症状
    代表的な症状:目の充血、炎症など

 

<点鼻>重大な副作用:呼吸困難・血管浮腫・じんましんなどのショック症状
    代表的な症状:発疹、鼻腔内の刺激感など

 

相互作用について報告されているお薬はありません。

 

 

腸管の透過性亢進を抑制し、体内への食物抗原の流入を二次的に阻止するために、
細粒は食事の前に少量の水または40℃のお湯に溶かして服用する必要があります。

 

トラニラスト(リザベン)は、化学伝達物質の放出を抑制する他にも。
皮膚の肥厚を抑える働きがあります。

 

そのため、手術や外傷などの傷跡が赤く盛り上がり、なかなか元に
戻らないケロイドや肥厚性瘢痕(はんこん)にも使われます。

 

頻尿、排尿痛、残尿感、血尿などの膀胱炎症状が起こる可能性があるため、注意が必要です。





このエントリーをはてなブックマークに追加