薬剤師 抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

かゆみ・充血・くしゃみなどのアレルギー反応を起こすヒスタミンと呼ばれる
体内物質の働きを抑え、アレルギーの症状を改善するお薬です。

 

代表的なお薬は、エピナスチン塩酸塩(アレジオン)です。

 

体内でヒスタミンという物質が増えると、ヒスタミン受容体に結びついて
かゆみや鼻水・くしゃみなどのアレルギー症状が起こります。

 

このお薬は、ヒスタミン受容体に結びつくのを阻害して、アレルギー反応を抑えるお薬です。

 

ヒスタミンの他にも、血小板活性化因子(PAF)やロイコトリエン(LT)などに代表される
化学伝達物質(ケミカルメディエーター)を抑える作用もあります。

 

じんましんやアレルギー性鼻炎だけでなく、気管支喘息の発作予防にも使われているお薬です。
作用時間が長いため、1日1回の服用で1日中効果が持続します。

 

使用上の注意は、花粉症などの季節性のアレルギーを抑える目的で使用する場合には、
症状が出る前かあらかじめ服用しておくことが望ましいお薬です。

 

 

また、気管支喘息でこのお薬を服用している患者さんは発作を軽減する
お薬ではないことを説明し、発作時の対処法をきちんと伝える必要があります。

 

 

副作用として重大な症状は、肝機能障害、黄疸、血小板減少があります。
代表的な症状としては、眠気、めまい、ふらつき、頭痛、動悸、食欲不振、嘔吐、下痢、尿閉などです。

 

相互作用についても、併用できないお薬についての報告はありません。

 

スポンサーリンク

 

抗ヒスタミン薬は、第一世代と第二世代に分類することができます。
古くからある第一世代は、効果が強く速効性がある反面、作用時間が短いお薬です。

 

また、血液脳関門を通過して、中枢神経や自律神経にも作用するため、
眠気や口渇の他にも、眼圧の上昇や尿閉を起こす恐れがあります。

 

その結果、緑内障や前立腺肥大症を悪化させる可能性があり、
このような疾患を持っている方は通常使用できません。

 

エピスナチンなどの第二世代は、第一世代の欠点を改良して開発され、
中枢神経や自律神経への作用が弱く、眠気や尿閉などの副作用が軽減されており、
作用時間も長いという特徴があります。

 

 

<長時間作用型ヒスタミンH1受容体拮抗薬の比較>

 

商品名 アレジオン クラリチン エバステル ジルテック
一般名 エピナスチン ロラタジン エバスチン セチルジン

ヒスタミン
遊離抑制作用

LT遊離
抑制作用

LT受容体
遮断作用

 

PAF受容体
遮断作用

     

PAF遊離
抑制作用

     

活性酸素産生
抑制作用

   

アレルギーによる
炎症抑制作用

 

特徴 ・気管支喘息や尋常性乾癬にも適応を持つ(錠剤のみ) ・添付文書の基本的注意の項に、眠気についての記載がない

・プロドラッグ(体内で活性代謝物に変換され、薬効を示す)
・精子の数を増やすとの研究報告があり、適応外で男性不妊症に使用される

・即時・遅発両相のアレルギー反応を抑制する。LT産生抑制作用も有している




このエントリーをはてなブックマークに追加