薬剤師 非ステロイド性抗炎症薬

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

NSAIDsは、副腎皮質ホルモン(ステロイド)の強い抗炎症作用をそのまま残し、
副作用を少なくしたお薬です。

 

飲み薬以外にも、貼り薬・坐薬・塗り薬などの様々な種類があります。
代表的なお薬は、ロキソプロフェンナトリウム(ロキソニン)です。

 

プロスタグランジンと呼ばれる体内物質の合成を阻害することで、
痛み・炎症・発熱などの症状を抑えます。

 

このお薬は、体内に入ってから活性本体になるプロドラッグで、
他のNSAIDsと比べると胃腔内での副作用が少ないといわれている製剤です。

 

使用上の注意は、NSAIDsを使用すると、まれに喘息発作を誘発したり、
喘息の症状を悪化させることがあります。

 

この症状はアスピリン喘息と呼ばれています。
アルピリン喘息の患者さんには、通常このお薬は使用できません。

 

スポンサーリンク

 

また、小児のインフルエンザや水痘などのウイルス性疾患が疑われるときにも使用を控える必要があります。

 

副作用で重大な症状は、ショック、アナフィラキシー様症状、溶血性貧血、白血球減少、血小板減少、
皮膚粘膜眼症遺構群、中毒性表皮壊死症、急性腎不全、ネフローゼ症候群、うっ血性心不全、
間質性肺炎、消化管出血、消化管穿孔、肝機能障害、黄疸、喘息発作、無菌性髄膜炎、
再生不良性貧血などがあります。

 

代表的な症状としては、発疹、かゆみ、じんましん、発熱、胃痛、吐気、食欲不振、
下痢、便秘、動悸、貧血、たんぱく尿、血尿、むくみなどです。

 

 

相互作用として併用禁忌のお薬はありませんが、次のようなお薬との併用には注意が必要です。

 

@本剤で作用が増強される薬剤:ワルファリンカリウム、スルホニルウレア系血糖降下薬(トルブタミドなど)
A本剤で血中濃度が上昇する薬剤:メトトレキサート、リチウム製剤
B本剤で作用が減弱する薬剤:チアジト系利尿薬
Cけいれんが誘発される恐れがある薬剤:ニューキノロン系抗菌薬(エノキサシン水和物など)

 

 

プロスタグランジンは痛みや炎症を引き起こす他にも、気管支を拡げる作用があります。

 

NSAIDsでプロスタグランジンの合成が阻害されると気管支が狭くなり、同時にロイコトリエン
と呼ばれる気管支収縮物質も増えるため、その結果アスピリン喘息が起こると考えられています。

 

アスピリン喘息は飲み薬だけでなく。貼り薬・塗り薬・坐薬などの
外用薬を使用しても誘発されるため、注意が必要です。





このエントリーをはてなブックマークに追加