薬剤師 止血剤

止血剤 〜造血・血液凝固関係製剤〜


このエントリーをはてなブックマークに追加  

血液中では、血液を凝固させる物質と、
凝固した血液を溶かそうとする物質がバランスを保っています。

 

何らかの原因でこのバランスが崩れ、後者が優位になると出血が起こります。
出血が止まりにくいときには、止血剤を使用します。

 

代表的なお薬は、トラネキサム酸(トランサミン)です。

 

出血が起こった部位にはフィブリンと呼ばれるたんぱく質が集まって、血液が固まります。
フィブリンは、プラスミンと呼ばれる物質によって分解されますが、
このお薬はプラスミンの働きを抑え、出血を止めるお薬です。

 

使用上の注意は、このお薬を使うと血液が固まりやすくなるため、脳血栓・心筋梗塞・静脈血栓症などの
疾患で血栓をできにくくするお薬(抗血栓薬)を服用している患者さんは、注意して使わなければなりません。

 

副作用については、重大な症状の報告はありませんが、代表的な症状として吐気、
食欲不振、胸やけ、下痢などの報告があります。

 

スポンサーリンク

 

相互作用については次の通りです。

 

@併用禁忌:トロンビン
A血栓・塞栓症を起こす恐れがある薬剤:ヘモコアグラーゼ、バトロキソビン、エプタコグアルファなど

 

 

プラスミンは血液溶解作用の他に、炎症やアレルギーを引き起こす働きも持っています。

 

そのため、抗プラスミン薬であるトラネキサム酸は、咽頭炎や口内炎、
じんましんなどの皮膚疾患にも使用されています。

 

トラネキサム酸には色素沈着抑制作用があり、「肝斑」と呼ばれる難治性のシミに使用されることがあります。
最近では肝斑の改善を目的にしたトラネキサム酸を配合したOTC医薬品も販売されています。

 

その他の特徴ある薬剤の指導ポイントは、カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム水和物(アドナなど)は、
毛細血管を強化・補強して出血を止めるお薬です。

 

トラネキサム酸と一緒に使われることもあります。
薬の代謝物が尿中に排泄されているため、
飲み始めると尿が濃い黄色〜だいだい色に着色することがあります。

 

薬の影響なので心配はいりませんが、尿ウロビリノーゲン試験が陽性になる場合があり、
尿検査を受ける場合は注意が必要です。





このエントリーをはてなブックマークに追加