薬剤師 カリウム製剤

カリウム製剤 〜栄養・電解質製剤〜


このエントリーをはてなブックマークに追加  

カリウムは筋肉や神経の働きを正常に保つための重要な成分で、不足すると
筋力の低下、悪心・嘔吐、便秘などの消化器症状、さらには不整脈などが現れます。

 

カリウム製剤は、低カリウム血症の治療や予防に用いられる薬剤です。
代表的なお薬は、塩化カリウム(スローケー)です。

 

通常の食事をしていれば低カリウム血症を起こすことはほとんどありませんが、
下痢や嘔吐が続いたり、利尿薬の服用などの影響で体外へのカリウムの排泄量が増えると、
低カリウム血症を起こすことがあります。

 

このお薬は、身体の機能を維持するのに必要なカリウムを補い、
低カリウム血症を改善したり予防したりするお薬です。

 

使用上の注意は、このお薬の影響で血液中のカリウム濃度が上昇し、高カリウム血症を
起こすことがあるため、血液中のカリウム濃度や心電図の変化に注意する必要があります。

 

一般に、高カリウム血症は初期には無症状のことが多いですが、
命に関わる危険な不整脈が現れることがあります。

 

腎機能が低下している患者さんでは高カリウム血症が現れやすいので、特に注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

副作用で重大・代表的な症状は、消化管の閉塞・潰瘍または穿孔、
心臓伝導障害(一時に大量投与した場合に現れやすい)です。

 

相互作用としては、以下の薬剤は血液中のカリウムの濃度を上昇させる作用があるため、
これらの薬剤との併用により高カリウム血症が現れやすくなります。

 

・カリウム保持性利尿薬(スピロノラクトン)、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ベナゼプリル塩酸塩など)、
アンジオテンシンU受容体拮抗薬(バルサルタンなど)、非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシンなど)

 

 

このお薬は、少しずつ溶けて作用を発揮するよう設計されています。噛み砕いて服用すると、
胃への刺激が強くなる可能性があるため、噛み砕いたりなめたりせず多めの水で服用することが大切です。

 

また、錠剤の殻が便中に排泄されることがありますが、薬の成分であるカリウムは体内に吸収されています。
吸湿性が極めて高いお薬でうすので、湿気を避けて保管する必要があります。

 

患者さんの中には、まれにカリウム(元素記号:K)とビタミンKを混同しているケースがあります。
カリウム(K)を一般用医薬品(OTC)や健康補助食品で補えると勘違い
していることが多いので、しっかりと両者の違いを説明する必要があります。





このエントリーをはてなブックマークに追加