薬剤師 尿酸排泄促進薬

尿酸排泄促進薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

高尿酸血症は、体内での尿酸の生成が過剰であるか体外への
尿酸の排泄が低下することで引き起こされます。

 

尿酸排泄促進薬は、血液中に増加した尿酸を尿中に排泄することで、
高尿酸血症や痛風を治療するお薬です。

 

代表的なものは、ベンズブロマロン(ユリノーム)です。

 

尿細管における尿酸の再吸収を抑制し、
尿中への尿酸排泄を促進することにより高尿酸血症を改善します。

 

 

使用上の注意は、肝障害が発生することがあるため、食欲不振、悪心・嘔吐、全身倦怠感、腹痛、
下痢、発熱、尿濃染、眼球結膜黄染などが現れた場合は薬の服用を中止し、
直ちに主治医の受診をするよう指導しましょう。

 

急性痛風発作が起こっているときにこのお薬の服用を開始すると、発作を悪化させることがあります。
発作が治まってから服用を開始するよう指導します。

 

また、尿酸値の変動は痛風発作を悪化させることがあるため、薬の服用中に発作が起こった場合には、
薬の飲み方を変えないように指導して下さい。

 

薬の服用開始初期に、尿酸値の変動により一時的に痛風発作が強く現れることがあるため、
尿酸値が安定してくると起こりにくくなることを説明し、薬の服用を続けるようきちんと伝えておきましょう。

 

薬の作用により尿中への尿酸排泄が増加するため、尿酸結石ができやすくなります。
心臓や腎臓などが悪くなければ、水分を多く取り、尿量を増やすよう心がけてもらいましょう。

 

副作用で重大・代表的な症状は、劇症肝炎などの重篤な肝障害、黄疸が現れる時があります。

 

スポンサーリンク

 

相互作用については次の通りです。

 

@併用により、併用薬の作用が増強する可能性のある薬剤
ワルファリンカリウム

 

A併用によりベンズブロマロンの作用が減弱する可能性のある薬剤
抗結核薬(ピラジナミド)、サリチル酸製剤(アスピリン)

 

 

高尿酸血症・痛風の患者さんでは、尿中の尿酸の量が多く、またほとんどの患者さんは
尿が酸性に傾いているため、尿酸が析出しやすく、尿路結石や腎障害を合併するリスクが
高い状態にあります。

 

尿中の尿酸の析出を予防するためには、
尿量を増やすことと、尿を酸性からアルカリ性に傾けることが有効です。

 

ベンズブロマロンは尿中への尿酸排泄を促進させる薬剤であるため、
これらの合併症を助長させる可能性があります。

 

そのため、尿をアルカリ化させる薬剤(重層やクエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム配合剤)を併用することもあります。

 

<尿をアルカリ化させる食品と酸性化させる食品>

 

[尿をアルカリ化する食品] アルカリ度    酸度 [尿を酸性化する食品]

 

                   高い

 

ひじき・わかめ            ↑   卵・豚肉・サバ
こんぶ・干ししいたけ・大豆     ↑   牛肉・アオヤギ
ほうれん草              ↑   カツオ・ホタテ
ごぼう・さつまいも           ↑   精白米・ブリ
にんじん                ↓   マグロ・サンマ
バナナ・里芋             ↓   アジ・カマス
キャベツ・メロン            ↓   いわし・カレイ
大根・かぶ・なす           ↓   アナゴ・芝エビ
じゃがいも・グレープフルーツ     ↓   大正エビ

 

                   低い





このエントリーをはてなブックマークに追加