薬剤師 フィブラート系

フィブラート系 〜脂質異常症治療薬@〜


このエントリーをはてなブックマークに追加  

脂質異常症とは、血清中の脂質の量や質に異常をきたした病態をいいます。
その治療の目的は動脈硬化や発症や進展を予防することです。

 

フィブラート系の薬剤は、脂質異常のうち、
高トリグリセライド血症に対して最も効果的な薬剤です。

 

代表的なお薬は、ベアフィブラート(ベザトールSR)です。

 

このお薬は、脂肪酸のβ酸化を促進して主に肝臓におけるトリグリセライド(TG:中性脂肪)の生合成を抑制します。

 

また、高比重リポ蛋白を構成しているアポ蛋白の産生を亢進させることで、
「善玉」といわれるHDLコレルテロール(HDL‐C)を増加させる作用や「悪玉」といわれる
低比重リポ蛋白コレステロール(LDL‐C)の生合成を抑制する効果も併せ持っています。

 

使用上の注意は、透析をしている患者さんや、腎不全などの重篤な腎機能障害を有する
患者さんが服用すると副作用が現れやすくなるため、通常服用はできません。

 

副作用として重大・代表的な症状は、横紋筋融解症、アナフィラキシー症状、
肝機能障害、黄疸、皮膚粘膜眼症候群、多形紅紋です。

 

スポンサーリンク

 

相互作用としては、原則併用禁忌で腎機能に異常がある患者さんは、HMG‐CoA還元酵素阻害薬との
併用により急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすくなるため、
治療上やむを得ないと判断される場合にのみ慎重に併用します。

 

このお薬は、少しずつ溶けて効果が維持するように設計された薬であることを説明し、
噛み砕いたり、割ったりしての服用はできないことを伝えて下さい。

 

HDL‐Cが善玉と呼ばれる理由は、末梢組織での不要なコレルテロールを肝臓へと運ぶ働きがあり、
それにより動脈硬化を予防する効果があるためです。

 

高LDL‐C血症と高TG血症、低HDL‐C血症は、心臓の周りにある冠動脈の疾患の危険因子であることから、
これらを合併した患者では、原則併用禁忌とされているフィブラート系薬剤と
HMG‐CoA還元酵素阻害薬を併用せいて治療を行うことがあります。

 

ただし、服用にあたっては腎機能障害がないことを確認し、服用中は筋肉痛、脱力感などの症状に注意し、
CPK(CKと表記されることもあります)などの検査値にも十分注意する必要があります。

 

CPKはクレアチンキナーゼという酵素で、筋肉に障害が起こるとその値が上昇する
ため、横紋筋融解症による筋肉の障害を調べることができます。

 

 

フィブラート系薬剤のリピディルは、フェノフィブラートの吸収性を高めるために開発された
微粉化フェノフィブラート製剤で、従来のフェノフィブラート製剤の3分の2の用量で
生物学的に同等な薬剤です。

 

1日1回の服用で有用性が認められており、微粉化により薬剤が小型化されたことから、
服用しやすい薬剤として用いられています。

 

空腹時に服用すると吸収が悪くなるため、食後に服用することが大切です。

 

<脂質異常症の診断基準>

 

高LDLコレステロール血症………LDLコレステロール ≧ 140r/dL

 

低HDLコレステロール血症………HDLコレステロール < 40r/dL

 

高トリグリセライド血症……………トリグリセライド   ≧ 150r/dL





このエントリーをはてなブックマークに追加