薬剤師 食後過血糖改善薬

食後過血糖改善薬 〜経口血糖降下薬D〜


このエントリーをはてなブックマークに追加  

2型糖尿病では、食後の血糖上昇に対してインスリンの追加分泌のタイミングが遅れているため、
食後過血糖が出現します。

 

α‐グルコシターゼ阻害薬は、糖質の消化・吸収を
遅延させることで食後過血糖を抑制します。

 

代表的なお薬は、ボグリボース(ベイスン)です。

 

腸管において二糖類から単糖への分解を担う二糖類水解酵素(α‐グルコシターゼ)を阻害し、
糖質の消化・吸収を遅延させることにより食後の血糖上昇を抑えます。

 

使用上の注意は、低血糖症状(脱力感、激しい空腹感、動悸、発汗、手足のふるえなど)と
対処法(ブドウ糖の摂取)を知っておく必要があります。

 

このお薬は二糖類の消化・吸収を遅延するため、
低血糖症状が認められた場合はショ糖ではなくブドウ糖を摂取するよう指導しましょう。

 

スポンサーリンク

 

副作用で重大・代表的な症状は、低血糖、腸閉塞様症状、劇症肝炎、重篤な肝機能障害、
黄疸、便秘などを契機とした高アンモニア血症の増悪と意識障害(重篤な肝硬変例に投与した場合)

 

相互作用としては、インスリン製剤をはじめとする各種血糖降下薬(SU剤、ビグアナイド系薬剤、
インスリン抵抗性改善薬など)と併用すること低血糖を起こすことがあります。

 

α‐グルコシターゼ阻害薬は、食物中の糖質の消化・吸収を遅延させるため、
食事の直前に服用することが大切です。

 

服用を忘れた場合は、食事中であれば服用し、食事が終わって
いる場合には効果が期待できないため次の食事の直前に1回分を服用します。

 

服用開始時に、腹痛、腹部膨満感、便秘、下痢、放屁の増加などの消化器症状が現れることがあります。

 

これは、α‐グルコシターゼ阻害薬の作用で末消化の糖質が大腸に到達し
ガスが発生することによりますが、服用を継続することで、数週間で消化器症状は改善されていきます。

 

前述のとおり、低血糖症状が現れた場合は二糖類のショ糖(砂糖)ではなく単糖類のブドウ糖を
摂取する必要があるためブドウ糖を携帯することが大切です。もしブドウ糖がない
場合はブドウ糖を含有するコーラやファンタなどの炭酸飲料水で代用することもできます。

 

アカルボース、ボグリボースが腸管からほとんど吸収されないのに対し、我が国で最も新しい
α‐グルコシターゼ阻害薬であるミグリトールは、小腸上部で大部分が吸収されます。

 

そのためミグリトールの作用の弱い小腸下部では、糖質の消化・吸収が起こり、
それにより大腸に到達する末消化の糖質が減少し、従来のα‐グルコシターゼ阻害薬で高頻度で
現れる消化器症状の副作用を軽減させることが期待されています。





このエントリーをはてなブックマークに追加