薬剤師 ビグアナイト系

ビグアナイト系 〜経口血糖降下薬B〜


このエントリーをはてなブックマークに追加  

ビグアナイド系の薬剤は、インスリンの分泌を促進させる作用はなく、
糖の成長、吸収の抑制や糖利用促進といった様々な機序でインスリンの効果を高めます。

 

代表的なお薬は、メトホルミン塩酸塩(メルビン)です。

 

肝臓でのブドウ糖の生成を抑制し、末梢での糖の利用をそくしんさせ、
さらに小腸からの糖の吸収を抑制することで血糖値を下げます。

 

使用上の注意事項としては、乳酸アシドーシス、低血糖を起こすことがあるため、
高所作業、自動車の運転などを行う時は注意が必要です。

 

副作用として重大・代表的な症状は、乳酸アシドーシス、
低血糖(インスリン分泌促進作用はないため単独投与では低血糖の紀先生は少ないですが、
他の血糖降下薬との併用時は注意が必要です)、肝機能障害、黄疸があります。

 

スポンサーリンク

 

相互作用の報告は次の通りです。

 

@乳酸アシドーシスを起こすことがあるもの
ヨード造影剤、ゲンタマイシン硫酸塩

 

 

A低血糖症状を起こすことがあるもの
インスリン製剤をはじめとする各種血糖降下薬(SU剤、インスリン抵抗性改善薬、
α‐グルコシターゼ阻害薬など)、蛋白同化ステロイド、サリチル酸剤(アスピリンなど)、
β遮断薬(プロプラノール塩酸塩など)、MAO阻害薬など

 

 

B血糖効果作用を減弱させるもの
インスリン以外のホルモン製剤(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、卵胞ホルモンなど)、
利尿薬、抗結核薬(イソニアジド)、ニコチン酸、フェノチアジン系薬剤など

 

肥満を伴う2型糖尿病患者にメトホルミンを長期使用した場合、食事療法を主体とした
治療の場合と比較して、心筋梗塞、死亡などを有意に減少させたとの報告があり、
血糖降下以外の作用にも近年注目が集まっています。

 

ビグアナイト系薬剤は、主に未変化で腎より排泄されるため、腎機能の低下した患者では、
薬剤が体内に蓄積し、乳酸アシドーシスのリスクが高まります。

 

また、肝機能の低下した患者では乳酸の代謝能が低下します。
そのため、これらの薬剤は腎機能障害や肝機能障害には禁忌となっています。

 

メトホルミンは腸肝における糖吸収の抑制、肝臓における糖新生の抑制、
筋肉や脂肪組織における糖取り込みの亢進など様々な作用によって、血糖降下作用を発現します。

 

インスリンの分泌促進作用がないため単独では低血糖を生じないと考えられ、
また、体重も増加しにくいと考えられています。





このエントリーをはてなブックマークに追加