薬剤師 スルフォニル尿素系

スルフォニル尿素系(SU剤)〜経口血糖降下薬@〜


このエントリーをはてなブックマークに追加  

糖尿病の治療では、食事療法と運動療法を行っても
血糖コントロールが十分でない場合に薬物療法を開始します。

 

SU剤はインスリンの分泌を促進させる作用のある経口血糖降下薬で、
インスリン分泌能が残っている2型糖尿病に使われます。

 

 

SU剤で代表的なお薬は、グリメピリド(アマリール)です。

 

膵臓のβ細胞を刺激することにより、インスリン分泌を促進させ、
血糖降下作用を発現します。

 

 

使用上の注意事項は、このお薬の服用にあたり、低血糖時の対処法
(ブドウ糖の摂取、砂糖の多く入ったジュースやキャンディの摂取)やその時の症状
(脱力感、激しい空腹感、動悸、発汗、手足のふるえなど)を知っておく必要があります。

 

副作用で重大・代表的な症状は、低血糖、溶血性貧血、無顆粒症、
汎血球減少、肝機能障害、黄疸です。

 

相互作用として併用禁忌薬剤の報告はありませんが、
併用時に注意が必要な薬剤は多くあり、次の通りです。

 

スポンサーリンク

 

@血糖降下作用を増強させるもの
インスリン製剤をはじめとする各種血糖降下薬(ビグアナイド系薬剤、インスリン抵抗性改善薬、
α‐グルコシダーゼ阻害薬など)、非ステロイド性解熱鎮痛剤(ピラゾロン系、プロピオン酸系消炎剤、
アリール酢酸系消炎剤など)、β遮断薬(プロプラノロール塩酸塩など)、MAO阻害薬、
各種抗菌薬(テトラサイクリン系、シプロフロキサシン塩酸塩、レボフロキサシン水和物など)、
フィブラート系薬剤、アゾール系抗真菌薬、ワルファリンカリウムなど

 

 

A血糖降下作用を減弱させるもの
インスリン以外のホルモン製剤(副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、卵胞ホルモンなど)、
利尿薬、抗結核薬(イソニアジド、リファンピシン)、ニコチン酸、フェノチアジン系薬剤、
フェニトイン、ブセレリン作酸塩など

 

SU剤の血糖降下作用は強力で、
インスリン分泌能が残存している患者さんでは血糖値の改善が期待できます。

 

しかし、インスリン分泌量の増加に伴い、空腹感や体重増加が現れ
肥満を助長しやすいという欠点があります、
このため、食事療法と運動療法は継続する必要があります。

 

グリメピリドは第三世代と呼ばれる新しいタイプのSU剤です。
インスリンの分泌だけではなく、インスリンの効果を増強させる作用も併せ持っています。

 

そのため、インスリンの分泌促進作用は穏やかでありながら、
他のSU剤と同等の作用を持ち、なおかつ肥満を起こしにくい薬剤として繁用されています。

 

その他の特徴ある薬剤の指導ポイントは、第一世代(トルブタミド、アセトヘキサミド)、
第二世代(グリベンクラミド)、第三世代(グリメピリド)ともに光線過敏が現れる
ことがあるので、あまり皮膚を露出しないなどの対応が必要です。





このエントリーをはてなブックマークに追加