薬剤師 インスリン製剤

インスリン製剤(糖尿病用薬)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

インスリンは膵臓のランゲルハンス島から分泌されるホルモンで、糖代謝には欠かせません。
インスリン製剤は、インスリンが絶対的に不足している1型糖尿病や、
インスリン分泌機能が低下した2型糖尿病患者のインスリンを補うお薬です。

 

インスリン製剤で代表的なお薬は、インスリン リスプロ(ヒューマログ注)です。

 

生体内のインスリン分泌には食事の摂取により分泌される追加分泌と、
24時間一定に分泌される基礎分泌の2種類があります。

 

インスリン製剤には、薬剤によって追加分泌に相当するお薬があり、
これらを組み合わせて健常人に近いインスリン分泌パターンを作り出します。

 

インスリン リスプロは注射してから15分以内に作用を発見する超速効型と呼ばれる
インスリン製剤で、追加分泌に相当し、細胞内への糖の取り込み、肝臓での糖新生の抑制、
肝臓や筋肉におけるグリコーゲン合成の促進作用などによって血糖値を下げます。

 

スポンサーリンク

 

特に食後の高血糖に効果的です。

 

インスリンを使用するうえでの注意事項は、正しい注射法、低血糖時の症状
(脱力感、激しい空腹感、動悸、発汗、手足のふるえなど)や対処法(ブドウ糖の摂取、
砂糖の多く入ったジュースやキャンディの摂取)を知っておく必要があります。

 

食事を摂取しなかったり、予定外の激しい運動を行った場合は
低血糖を起こしやすいため特に注意が必要です。

 

副作用で重大・代表的な症状は、低血糖、アナフィラキシーショック、
血管神経性浮腫があります。

 

 

相互作用としては次の様なものがあります。

 

@血糖降下作用を増強させる可能性のある薬剤

 

経口血糖降下薬(ビグアナイド系、SU剤、α‐グルコシターゼ阻害薬、インスリン抵抗性改善薬など)、
三環系抗うつ薬、サリチル酸誘導体(アスピリンなど)、抗腫瘍剤(シクロホスファミド水和物)、
β遮断薬(プロプラノロール塩酸塩など)、ワルファリンカリウム、クロラムフェニコール、ベザフィブラート、
サルファ剤、抗不整脈薬(シベンゾリンコハク酸塩など)

 

 

A血糖降下作用を減弱させる可能性のある薬剤

 

チアジド系利尿薬(トリクロメチアジドなど)、他のホルモン製剤(副腎皮質ホルモン、グルコゴン、
甲状腺ホルモン、成長ホルモン、卵胞ホルモン、経口避妊薬、ダナゾールなど)、ニコチン酸、
抗結核薬(イソニアジド)、フェニトインなど

 

 

B血糖降下作用を増強または減弱させる可能性のある薬剤

 

蛋白同化ステロイド(メスタノロン)、オクトレオチド酢酸塩

 

インスリン製剤は未使用の場合は凍結を避け冷蔵庫など(2℃〜8℃)、
使用中の場合は室温で保管します。

 

また、光によってインスリンの含量が低下するため、光を避けて
保管する必要があります。

 

注射は腹部、大腿部、上腕部、でん部のいずれかに行います。

 

ただし、注射部位によって吸収速度が異なるため、部位を決めて、
その中から前回の注射場所から2〜3p離して注射するよう指導しましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加