薬剤師 鎮咳薬(中枢性非麻薬性鎮咳薬)

鎮咳薬(中枢性非麻薬性鎮咳薬)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

中枢性非麻薬性鎮咳薬は、咳を司る咳中枢に作用して咳を鎮めるお薬です。
代表的なお薬は、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(メジコン)です。

 

咳は本来、身体の防御反応であるため、
咳の種類や病態に応じて適切に対応することが大切です。

 

デキストロメトルファンは、延髄にある咳中枢に直接作用して咳反射を
抑制することにより咳を抑えます。

 

使用上の注意としては、眠気を催すことがあるため、
自動車の運転や危険の伴う機械の操作などを行う際は注意が必要です。

 

副作用につて重大な症状は、呼吸抑制、ショック、アナフィラキシー様症状です。
代表的な副作用の症状は、悪心、めまいなどが報告されています。

 

 

相互作用としては、MAO阻害薬(セレギリン塩酸塩など)と併用するとけいれん、
反射亢進などの症状が現れる恐れがあるため、併用できません。(併用禁忌)

 

スポンサーリンク

 

また、次の薬は併用に注意が必要です。

 

・抗不整脈薬(キニジン硫酸塩水和物、アミオダロン塩酸塩)、抗真菌薬(テルビナフィン塩酸塩)など
CYP2D6を阻害する薬剤と併用するとデキストロメトルファンの分解が抑えられ、
作用が増強する恐れがあります。

 

 

このお薬のポイントは次の通りです。

 

@メジコンにはシロップもあります。メジコンシロップには、デキストロメトルファンのほかに、
去痰作用のあるクレゾールスルホン酸カリウムが配合されています。

 

A咳は本来、身体の防御反応であり、気道の中に入り込んてしまった異物や痰を排出し、
気道をキレイにする働きがあります。痰がからむような咳(湿性咳)では、鎮咳薬を使用すると、
痰の排泄を妨げる恐れがあるため、去痰薬で痰の排泄を促したり、咳による睡眠障害、
体力消耗、胸痛を抑える目的で鎮咳薬を使用します。

 

B咳の治療では、咳の原因となっている病態に応じて様々な薬が使用されます。
咳喘息には、テオフィリン薬・β2刺激薬・吸入抗コリン薬などの気管支拡張薬、
ステロイド薬、ロイコトリエン拮抗薬など、アトピー咳嗽には、ヒスタミンH1受容体拮抗薬、
ステロイド薬、胃食道逆流による咳には、マクロライト系抗生物質(エリスロマイシンなど)
などが用いられることがあります。

 

咳は体内に入った異物を除去する働きがあります。

 

反射中枢は延髄にあり、異物による刺激が神経を通じて延髄に伝わることで咳が起こります。
デキストロメトルファンのような中枢性鎮咳薬は、この延髄にある咳中枢に作用し咳を抑えます。





このエントリーをはてなブックマークに追加