薬剤師 β2刺激薬

β2刺激薬(気管支拡張薬・喘息治療薬)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

β2刺激薬は気管支拡張薬と呼ばれ、
気管支喘息などの息苦しさを改善するために使用されるお薬です。

 

飲み薬だけではなくほかに貼り薬もあります。
貼り薬の代表的なお薬は、ツロブテロール(ホクナリン)です。

 

ツロブテロールは、気管支平滑筋にある交換神経のβ2受容体を刺激することで
筋肉の緊張を緩め気管支を拡張するお薬です。

 

 

使用上の注意は、気管支喘息治療における長期管理の基本は、
吸入ステロイド薬などの抗炎症薬の使用です。

 

ツロブテロールは、抗炎症薬ではないため、ツロブテロールを使用して症状が改善しても、
吸入ステロイド薬などを自己判断で中止・減量しないよう伝える必要があります。

 

ツロブテロールは、効き始めが遅く長時間作用するお薬です。

 

そのため、気管支喘息の発作時は短時間で効果の出る気管支拡張薬などを使用する必要があります。

 

過度に使用すると不整脈などの副作用の原因になります。
効果が減弱していると感じる場合は、病状が悪化している恐れもあるため、
そのような症状がある場合は必ず医師に相談しましょう。

 

スポンサーリンク

 

副作用で重大な症状は、重篤な血清カリウム値の低下、アナフィラキシー様症状(テープ剤)があります。
代表的な症状は、ふるえ、動悸、貼付部位の掻痒感・発赤・かぶれ(テープ剤)などがあります。

 

相互作用として併用できない薬はありませんが、注意が必要な薬としては次の様なお薬があります。

 

@カテコールアミン製剤(アドレナリン、dl-イソプレナリン塩酸塩など)を
併用すると動悸などの不整脈の症状が現れることがあります。

 

Aキサンチン誘導体(テオフィリン、アミノフィリン水和物など)、ステロイド薬(プレドニゾロン、ベタメタゾンなど)、
利尿薬(トリクロメチアジド、フロセミド、アセタゾラミドなど)
と併用すると、低カリウム血症による不整脈を起こす恐れがあります。

 

 

ツロブテロールはβ刺激薬の中でも、作用時間が長く、β2選択性が高いお薬です。

 

動悸などの循環器系の副作用はβ1受容体刺激作用、
振戦はβ2受容体刺激作用によるものと考えられています。

 

これらの副作用は、症状が軽い場合、軽快することがありますが、
気になる場合や症状が重い場合は、医師に相談するよう伝えましょう。

 

 

<ホクナリンテープの貼り方>

 

@テープを張る場所は、胸・背中・上半身のいずれか1か所です。
あらかじめ貼る場所の汗などを拭き取っておいて下さい。

 

Aライナー(剥離紙)は、貼る前に片側だけをはがします。
はがす時にテープを左右に強く引いたり、粘着面に触れないよう注意して下さい。

 

B残りのライナーを持って身体に貼り、ライナーをずあしながらテープを貼っていきます。

 

C貼った後は手のひらでしっかりと押えて下さい。
テープが浮いていると、薬の効果がうまく現れなくなります。

 

【注意】
・傷口や湿疹のある場所には貼らないで下さい。
体内に入る薬の量が増え作用が強く出る恐れがあります。
・接着面に手が触れると粘着力が低下しうまく貼れないことがあります。
・汗をかきやすい場所、塗り薬を塗った場所は避けて貼って下さい。
・皮膚の刺激をさけるため、貼る場所は毎回変えて下さい。





このエントリーをはてなブックマークに追加