薬剤師 ステロイド吸入薬

ステロイド吸入薬(気管支拡張薬・喘息治療薬)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

ステロイド薬は、気管支喘息治療の中心的な薬剤です。

 

ステロイド薬には、飲み薬や吸入薬などがあり、飲み薬より全身性の副作用が少なく、
軽症の気管支喘息から使用できるのが吸入薬です。

 

代表的なお薬は、フルチカゾンプロピオン酸エステル(フルタイド)です。

 

気管支喘息は、気道の慢性的な炎症、気道過敏症の亢進、気道狭窄を特徴とする疾病です。
症状は喘鳴、呼吸困難、咳などが起こります。

 

フルチカゾンは、喘息の原因である気道の炎症を抑え、喘息発作の程度や頻度を軽減するお薬です。

 

 

使用上の注意としては、気管支喘息の症状が現れないように継続して使用するお薬で、
自己判断で中止してしまうと、気管支喘息が悪化する恐れがあります。

 

必ず医師の指示を守るように伝えましょう。

 

 

また、気管支喘息の発作を速やかに軽減するお薬ではないため、発作時は、
速やかに発作を抑える短時間作動型吸入β2刺激薬などを使用するよう説明して下さい。

 

 

副作用で重大な症状は、アナフィラキシー様症状です。代表的な副作用は、
口腔および咽喉頭症状(不快感、むせ、疼痛、刺激感、違和感)、声が嗄れる(嗄声)、
口腔内カンジタ症などがあります。

 

スポンサーリンク

 

相互作用として併用できないお薬はありませんが、
リトナビルなどのCYP3A4阻害作用を有する薬との併用は注意が必要です。

 

トリナビルは、フルチカゾンの主な代謝酵素であるCYP3A4を阻害するため、
併用により、フルチカゾンの血中濃度が上昇し、全身性の副作用
(クッシング症候群、副腎皮質機能抑制など)が現れたという報告があります。

 

 

ステロイド吸入薬は、ステロイド内服薬と比較して全身性の副作用
(クッシング症候群、副腎皮質機能抑制など)が少なく、軽症から重症までの
気管支喘息治療において中心的な役割をしています。

 

患者さんには、喘息発作が起こらないようにコントロールすることの重要性を説明し、
きちんと継続使用するよう指導しましょう。

 

口の中や喉に残った薬により、口腔カンジタ症(口の中にカビが生える)や
声が嗄れるなどの副作用が起こることがあります。

 

これを予防するために、吸入後は、必ずうがいをするよう指導して下さい。

 

うがいのできない場合は、口をすすぐ、つばをティッシュに吐き出す、
飲み物を飲むなどの方法で代用するよう伝えます。

 

フルタイドエアーはエアゾールタイプの吸入薬です。
吸入時は、噴霧と吸入のタイミングを合わせてゆっくりと吸入します。

 

タイミングが合わないと、気管に届く薬剤が減り、薬の効果が減弱する恐れがあります。
うまく吸入できない場合は、吸入補助器の使用をおすすめします。





このエントリーをはてなブックマークに追加