薬剤師 攻撃因子 粘膜防御因子

「攻撃因子」と「粘膜防御因子」のバランス


このエントリーをはてなブックマークに追加  

消化性潰瘍はどのような機序で起こると考えられているのでしょうか。
胃の働きと消化性潰瘍のキーワード「攻撃因子」と「粘膜防御因子」のバランス説についてご紹介します。

 

 

◆胃の働きと消化性潰瘍のバランス説

 

胃では、酸・ペプシン・粘液などを含んだ胃液が分泌されています。
食物は胃に溜められ、胃の運動によって胃液と混ざり合い、たんぱく質を分解する
働きにあるペプシンなどによって消化され、壁細胞から分泌される酸によって食物中の細菌が殺菌され、
十二指腸へと運ばれます。

 

また、副細胞から分泌される粘液は、酸やペプシンなどによって
胃自身が消化されないように胃を守っています。

 

上記の様な働きがあるのになぜ消化性潰瘍が起こってしまうのでしょうか?
それは、酸をはじめとする「攻撃因子」と粘液をはじめとする「粘膜防御因子」のバランスが崩れ、
攻撃因子が優勢になるためと考えられています。

 

スポンサーリンク

 

◆攻撃因子

 

攻撃因子とは、胃にダメージを与える恐れのある因子です。
酸、ペプシン、喫煙に加え、現在注目が集まっているのがヘリコバクター・ピロリと非ステロイド性抗炎症薬です。

 

(NSAIDs)ヘリコバクター・ピロリは細菌の一種です。
これまで強い酸性下である胃には、細菌は棲息できないと考えられてきましたが、ヘリコバクター・ピロリは酸を
中和すつアンモニアを産生することができるため、胃の粘膜層に棲息することができるのです。

 

ヘリコバクター・ピロリに感染していると、ヘリコバクター・ピロリが作る有害物質や
ヒトの免疫反応などによって炎症が起き、胃の機能が低下し、消化性潰瘍になりやすくなると考えられています。

 

NSAIDsは、アスピリンなどに代表されるお薬です。
痛み止や解熱剤として使用されるほか、アスピリンは血栓の予防薬としても使われます。

 

これらのお薬は、直接胃粘膜を傷つけるだけでなく、胃を守る働きのあるプロスタグランジン(粘膜防御因子)を
減少させ、胃粘膜の血流を減らしたりすることなどにより消化性潰瘍を起こすと考えられています。

 

 

◆粘膜防御因子

 

粘膜防御因子とは、胃を防御する因子です。
粘液や重炭酸塩は胃の粘膜表面を覆っており、攻撃因子から胃を守っています。

 

また、プロスタグランジンは粘膜防御因子を総括的に
調節すつ生理活性物質で、粘液や重炭酸塩の分泌促進作用や血流を調節する作用があります。

 

消化性潰瘍は上記のような成因で起こっていると考えられており、治療では消化性潰瘍の成因に応じて
胃酸分泌抑制剤やヘリコバクター・ピロリ除菌療法の実施、NSAIDs中止の検討などを行います。





このエントリーをはてなブックマークに追加