薬剤師 潰瘍性大腸炎治療薬

潰瘍性大腸炎治療薬


このエントリーをはてなブックマークに追加  

潰瘍性大腸炎は、大腸に炎症を起こし、びらん・潰瘍を作る難治性の慢性疾患です。
潰瘍性大腸炎治療薬で代表的なお薬はメサラジン(ペンタサ)です。

 

このお薬は、炎症細胞から放出される活性酸素を消去し、
ロイコトリエンの産生を抑えることにより炎症の進展や組織障害を抑え
潰瘍性大腸炎の症状(下痢、血便、腹痛など)を改善します。

 

このお薬を使用する時の注意事項は、まれにメサラジンにより
過敏症状(発熱、腹痛、下痢など)が現れることがあります。

 

症状が出た場合は、主治医に相談して下さい。

 

また、サリチル酸製剤(アスピリンなど)に対してのアレルギーのある人は、
交叉アレルギーを発現する恐れがあるため、通常使用できません。

 

 

副作用で重大な症状は、過敏性肺障害、心筋炎、心膜炎、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、
腎機能低下、急性腎不全、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少症、
胆炎、黄疸、膵炎です。

 

代表的な副作用の症状は、下痢、下血・血便、腹痛、発疹、発熱、肝機能異常などがあります。
服用時に上記の様な症状が現れた場合は、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

 

スポンサーリンク

 

相互作用については、併用できないお薬はありませんが、注意が必要なお薬として次の様なものがあります。

 

・免疫抑制剤(アザチオプリン)や白血病治療薬(メルカプトプリン水和物)と併用すると白血球減少が現れる恐れがあります。
・利尿薬やステロイド剤と併用する際は、臨床検査値(尿量、尿中のナトリウム・カリウム・塩素イオン)の変動に注意が必要です。

 

ペンタサ錠は、保存中に微灰黄色に着色することがありますが、効力に変化はありません。

 

 

また、コーティング剤のエチルセルロースが水に不溶のため便の中に白いものが
見られることがあります。効力の低下や副作用の心配はありませんのでご安心下さい。

 

また、このお薬は有効成分が徐々に放出される仕組みになっています。

 

飲みにくい時は、半分に割ることはできますが、噛まずに服用するよう指導しましょう。

 

ペンタサ注腸は、光や酸素の影響で分解されやすいため、
保存する際は包装のアルミ袋をはがさないよう注意して下さい。

 

 

また、上澄み液が無色〜微黄色を超えて着色したものは
有効成分が分解している恐れがあるため、使用しないよう説明しましょう。

 

注腸は、薬剤を下行結腸の炎症個所へ到達させる確実な方法です。

 

注入時は、腸を刺激しないよう必要に応じて加温し、
懸濁後に左腰を下にした状態で直腸粘膜を傷つけないように注意深く挿入します。

 

薬液注入後、必要に応じて体位変換を行って下さい。
薬液を大腸内に長く保持したほうが効果的です。

 

排便などは事前に済ませておきましょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加